第66話・誤解の原因は悪友と共に

 花嫁選抜コンテストの応募箱が職員室前に置かれたこの日。

 最後の授業を受けていた俺は、ただひたすらに黒板の上に設置されている丸形のアナログ時計を見つめていた。あの秒針があと三周もする頃には、本日の授業は全て終了。あとは家に帰って明日までのんびりと過ごすだけだ。

 そんな事を考えている内に、いよいよ時計の秒針が最後の一周へと突入した。刻まれていく時間を見ながら、俺は心の中でカウントダウンを始める。


 ――三、二、一、ゼロッ!


 カウントダウンが終了すると同時に、学園内に授業の終わりを告げる鐘の音が鳴り響く。

 先生は黒板へと向けていた視線を俺達の居る方へと向け、授業の終わりを告げた。あとはいつもの様に、日直が最後の号令を掛けて終了だ。


「ああー! 今日も疲れたな~」


 出していた教科書を机の中に仕舞い込み、椅子に座ったままの姿勢で大きく腕を上げて伸びをする。

 同じ姿勢を続けていた身体が伸びていくと、あちらこちらの関節がポキポキと音を立てた。それは決して良い事ではないけど、これって結構癖になる。気持ち良くて。

 ひとしきり身体を伸ばしてから体勢を元に戻し、机の横にある鞄を手に取る。


「もう帰るの? 龍之介」


 右隣の席に居るまひろが、教科書やノートの片付けをしながら問い掛けてきた。ただそれだけの事なのに、やはりまひろは可愛らしい。


「おう。授業が終われば帰宅部は帰るだけだしな」


 高校に入った当初は何か部活をしようかとも考えていたけど、結局は入学して色々と目移りをしている内に、面倒になって部活に入るのを止めた。

 時にはそれを後悔する事もあったけど、かったるい授業後に部活にいそしみ続ける殊勝しゅしょうな真似は、おそらく俺にはできなかっただろう。だから今では、帰宅部で良かったと心底思っている。


「龍之介も何か部活をすればいいのに」

「俺は誰にも何にも縛られず、自由気ままに生きるんだよ」


 我ながら結構カッコイイ事を言ったと思ったんだけど、まひろはそんな俺を見て苦笑いを浮かべていた。


「それじゃあ龍之介は、どんな部活になら入部したいと思うの?」


 一度手に持った鞄を机の上に置き、質問の答えを模索してみる。


「そうだな…………例えば、俺以外の部員が全員可愛い女の子で、楽しくゲームをしたり、お菓子を食べながらお喋りしたりできる部活なら入りたいな」

「あはは。龍之介らしいね」


 まひろは俺の発言をバカにするでもなく、ただそう言って微笑んでくれた。


 ――ああ……まひろみたいな彼女がほしい……。


「相変らず龍ちゃんは頭の中がおめでたいね」

「ふふっ。私は龍之介さんらしくていいと思いますよ?」


 近くの席に居る茜と美月さんにもこの話が聞こえていたらしく、二人はそれぞれ俺に対して思っただろう事を言葉にした。


「まひろと美月さんはともかく、茜は相変らず毒を吐くよな」

「龍ちゃんがアホらしい事を言ってるからだよ」

「それじゃあ茜。お前に質問するけど、お前は美男子に囲まれて生活するというのを想像した事は無いのか?」

「そ、それは……」


 ――無いわけ無いよなー。茜、俺は知ってるんだぜ。お前がそういった逆ハーレム物の作品を、好んで読んでいる事をな。


「どうした茜? 答えろよ」

「それは……思った事が無い事も無いけど……」

「そうだよなあ! てことは、お前も俺と同じ穴のむじなって事だよなあ?」

「うっ……」


 茜は『う~う~』と小さく唸りながら、こちらを見て悔しそうにしている。どうやら今回の舌戦ぜっせんは俺の勝ちの様だ。


「それでは龍之介さんは、さっき言っていた様な部活があったら入部するんですか?」

「えっ? あー、まあ、そんな部活があれば考えるかな」


 その質問に答えると、美月さんは『そうなんですね』と言って微笑んだ。

 でもまあ、実際にそんな美少女が沢山居る部活に入ったら、俺は緊張して何も出来ないと思う。しかしながら、男なら人生で一度はそんなハーレムを体験してみたいと考えるのは至極当然の発想であり、多くの男の憧れとも言えるだろう。

 だが実際は、女子しか居ない環境に男一人は非常に肩身が狭い思いをするらしい。

 これはそれを体験したとある友達の話になるが、そいつはクラスで唯一の男子で、入学当初こそ俺に対し、『ハーレム状態で羨ましいだろう』などと自慢をしていたんだけど、それも三ヵ月が経つ頃にはコロッと変わり、『周りに女子だけしか居ないって、かなり辛いもんなんだぜ……』と言っていた。

 俺も最初こそ、ハーレムでいいよな――とか思っていたんだけど、現実ってのを聞かされていく内にその憧れも段々と薄くなり、終いにはそんなハーレム思想にある意味で恐怖さえ感じる様になっていた。

 しかしそれでもハーレムに対して憧れを抱くのは、俺が男であるがゆえのさがかもしれない。


「そんじゃまあ、俺はそろそろ帰るよ」


 机の上にある鞄を再び手に取って立ち上がり、まひろ達にひらひらと手を振って教室を出る。

 そして一階へと下りる階段の途中で、昼休みからずっと姿が見えなかった渡と遭遇した。


「おう、渡。今までどこに行ってたんだ? サボりか?」

「いやいや。ちょっと今まで職員室に居たんだよ」


 ――お昼から今まで職員室に居ただと? コイツ、今度はいったい何をやらかしたんだ?


「渡。今度はいったいどんな犯罪行為をしたんだ?」

「お前さ、いったい俺をどんな奴だと思ってんの?」

「手のつけられない変態」

「バッサリと言い捨てるねっ!」


 じと目で見ていた俺に向かって、渡は激しくツッコミを入れてきた。


 ――何この鬱陶しい生き物……どこかの宇宙人が引き取りに来てくれないかな。


「……まあ、何でもいいや。じゃあな」

「おいおい!? ちょっと待ってくれよっ!」


 渡の横を通り過ぎて階段を下りようとしたその時、俺は肩をグイッと掴まれて動きを止められた。


「何だよ? 俺はもう帰るとこ――」

「それよりもさ! 俺が職員室で何をしてたのか気にならないか?」


 渡はこちらの言葉を遮り、自分の言葉を重ねてくる。

 男でも女でも同じだが、こちらの発言に自分の発言を重ねる奴はイラッとする。


「はあっ……だからアレだろ? お前が何かの犯罪行為をしでかしたから、反省文を書いて今までずっと正座をさせられてたって話だろ? そんな話に興味はねーよ」

「ちげーよっ!」

「そうか。まあ、俺にとってはどうでもいい事だ。じゃあな」


 ぶっきら棒にそう言って再び階段を下りようとしたが、渡は俺の腰にしがみついて『話を聞いてくれっ!』と懇願してきた。


「ちょっ!? 何してんだお前はっ! は、放せっ!!」

「少しでいいから話を聞いてくれっ!」


 俺の腰にしがみ付いたままでそんな事を叫ぶ渡。

 腰には後ろからしっかりと両手が回されているから、まともに身動きが取れない。こんな姿をもし誰かに見られたら、俺はアッチ系の人だと勘違いされてしまうだろう。


「頼む龍之介っ! 付き合ってくれ――――――――っ!」

「アホかお前は!? 口にする言葉はちゃんと考えろっ!!」


 その時、ボトッと何か重いものが床に落ちた様な鈍い音が上の踊り場から聞こえ、俺はその方向を見た。


「せ、先輩……」


 そこには驚愕の表情で俺達を見ている愛紗の姿があった。


「ち、違うぞ愛紗!! これは違うからなっ!?」

「先輩が……先輩がそんな趣味だったなんてっ!」

「ま、待て愛紗! 頼むから待ってくれ――――――――っ!!」


 愛紗の耳にその言葉は届かなかったらしく、別の階段がある方へと走り去って行った。

 知らない人でも勘違いされたくないのに、よりにもよって知り合いに見られた挙げ句、その相手が一番誤解を解くのが難しそうな愛紗だとはついてない。

 結局そのあと、俺は渡の話を聞くからと言って解放してもらったのだが、内容を聞いてみれば大した事はなかった。

 要点を掻い摘んで言うと、渡が午後にまったく姿を見せなかった理由は、花嫁選抜コンテストでの司会進行を頼まれ、その打ち合わせをしていたからだそうだ。たったそれだけの話を聞く為に、俺は愛紗に余計な誤解をされてしまったという事になる。

 そして俺の腰にしがみ付いて叫んでいた渡は、愛紗の存在に気付いていなかったらしく、俺が後輩からあらぬ誤解を受けた事を話すと、『わりいわりい』と言って謝ってはいたものの、その表情には一切反省の気持ちを感じなかった。


 ――くそっ……今度コイツの下駄箱に偽物のラブレターを仕込んで、終始その反応を楽しんでやる。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます