第61話・思いやる気持ち

 体育館へと戻った俺は、先生に状況の報告をしてから授業へと復帰した。

 しかし、授業時間は残り数分も無かった様で、あっと言う間に体育の時間は終わってしまった。

 そしてどこか不完全燃焼な気持ちのままで体育館から教室へ戻ると、まひろの手荷物と鞄がなくなっていた。おそらく、担任か宮下先生が取りに来たんだろう。

 主の居ない席を見ながらさっさと着替えを済ませ、俺は持って来ていた弁当を鞄から取り出して机の上に置く。


「龍之介。涼風さんは大丈夫なのか?」


 取り出した弁当のおかずにさっそく箸をつけようとしていた俺の前に、弁当箱を持った渡がやって来た。

 そんな渡はなぜかは分からないけど、男子の中でもまひろの事だけは名前ではなく名字で呼んでいる。普段は相当に軽い奴なのだが、どうもまひろにはその軽さも発揮できない様子だ。


「結構無理してたみたいだから、今は保健室で寝てるよ」

「そっか。それじゃあ、今日は一緒に飯食おうぜ」

「おう。いいぜ」


 普段はまひとろ一緒にご飯を食べる事が多いけど、たまにまひろが休んだりする時には、こうして渡とご飯を食べる事もある。

 美月さんと茜は同じクラスになってからよく一緒にお昼ご飯を食べているみたいだから、おそらく今日も、仲良くどこかで弁当を食べているんだろう。


「おっ、そのおかず美味そうだな! いっただきっ!」

「あっ!? テメー!!」


 渡に奪われたおかずの仇を討つべく、俺も渡の弁当へと箸を伸ばすが、コイツは器用に弁当箱を動かして俺の箸を避け続けた。


 ――くそっ、ちょこまかと動きやがって……どうやら俺を本気にさせてしまったみたいだな。こうなったら一切の容赦はしないぜ。


「あっ! 廊下を絶世の美少女が歩いてるっ!」

「えっ!? どこどこ!? どっこー?」


 渡は弁当を机の上に置き、急いで廊下へと向かう。

 バカだバカだとは思っていたけど、ここまであっさりと見事なまでに引っかかってくれると、なんだか逆に心配になってくる。とは言え、一切容赦をしないと誓った手前、俺は机の上に置かれた弁当のおかずを容赦なく食らい尽くしていく。


「龍之介っ! どこにも絶世の美少女なんか居なかったじゃないかっ!」

「モゴモゴ……居たさ。お前には見えないのか? ほら、今もそこに居るじゃないか」


 俺はバレバレの嘘を平然とついているわけだが、渡はなぜかその言葉を信じたらしく、目を細めて廊下の方を再び見つめ始める。この間に俺は、渡の弁当のおかずを全て食べ尽くした。


 ――せめて白ご飯に乗ってる梅干だけは見逃してやろう。武士の情けだ。


 こうして醜い争いに満ちた昼食を終えて午後の授業を迎えても、まひろが教室に帰って来る事はなかった。まだ保健室で寝ているのか、それとも既に自宅へと帰ったのか。心配にはなるけど、再び保健室へ様子を見に行くというのもはばかられる。

 まひろの事は気になるけど、とりあえず今は午後の授業に集中する事にした。

 こうして気だるさが三倍にも四倍にも増す午後の授業を一つ一つ乗り越え、ようやく放課後となった。

 みんながそれぞれに支度を済ませてから教室を出て行く中、俺も帰宅の準備を進める。そして必要最小限の物を持って帰ろうと席を立った瞬間、教室にある放送用スピーカーから放送を知らせる音が鳴り響いた。


「二年C組の鳴沢龍之介君。大至急、職員室まで来るように。繰り返す。二年C組の鳴沢龍之介君。大至急、職員室まで来るように」


 スピーカーから聞こえてきた短く簡潔な呼び出しは、宮下先生の声だった。

 通常なら聞こえない振りをして帰るところだけど、宮下先生からの呼び出しとなれば、無視するわけにはいかないだろう。俺は鞄を持ち、急いで職員室へと向かった。


「おっ。意外と早かったな」


 職員室へ入ろうとして引き戸をスライドさせると、偶然にも宮下先生と鉢合わせをした。


「そうですかね? それより、何の用ですか?」

「すまんな。ちょっと先にやる事ができたんで、保健室へ行って待っててくれたまえ」

「はあ。分かりました」


 宮下先生はそう言うと、足早に廊下の奥へと向かって行った。

 そして俺は、宮下先生に言われた通りに保健室へと向かい始める。


「あっ……」


 辿り着いた保健室の引き戸をスライドさせると、そこには制服に着替えたまひろがパイプ椅子に座っている姿が見えた。

 そして俺が保健室へ入ると、まひろはあからさまに身体を硬直させて俯いた。


「もう大丈夫なのか?」


 だが俺は、何事も無かったかの様にしてまひろへ話しかけた。

 どうせまひろの事だから、体調が悪いのを隠していた事を気にしているんだろう。


「う、うん。もう大丈夫だよ……」


 そう言ってまひろは顔を上げ下げしながら、チラチラと俺の方を見ていた。


「待たせたな」


 そんなソワソワと落ち着かない感じのまひろを見ている内に、俺を呼び出した張本人である宮下先生が保健室へと戻って来た。

 戻って来た宮下先生はスタスタとまひろの前まで歩いて来ると、おもむろにまひろの手前の床に置かれていた鞄と手荷物を持ち、それを俺の前へと突き出した。

 俺は宮下先生の行動の意味が分からず、ぼーっとその様子を眺める。


「どうした? 早く受け取りたまえ」


 宮下先生は差し出していた手荷物を更にグイッと前に突き出して俺の胸に当て、それを受け取る様に促す。

 何をさせたいのかはよく分からないが、俺はとりあえず差し出された荷物を受け取った。


「よし、では鳴沢君。二人で一緒に帰って、彼を最寄駅まで送り届けるんだ」

「はっ?」

「せ、先生。僕は一人で帰れま――」

「駄目だ。今回は私の言う事を聞いてもらうぞ」


 宮下先生はちょっと厳しい口調でまひろにそう言う。

 するとそれを聞いたまひろは、ただ黙って顔を下へと俯かせた。


「本当は私が送り届けようと思ったんだが、ちょっと外せない用事が入ったんでな。それで代わりを君に頼もうと思ったわけだ」


 俺の右肩をポンポンと叩きながら、ニヤリと笑みを浮かべる宮下先生。


「ちなみにお聞きしますが、俺の意向は無視ですか?」

「ん? 別に聞くのは構わないが、拒否は無駄だぞ? これはお願いではなく、養護教諭としての命令だからな」


 浮かべている笑顔をもっとにこやかにしながら生徒に向けてそんな事が言えるこの人は、正直凄いと思った。単純に感心してしまう。

 まあ、俺だって別に断るつもりはなかったけど、素直に『はい、分かりました』と言えないのは、俺が持つ大人への反骨精神から来るものかもしれない。


「分かりました」

「よし。では、仲良く帰りたまえ」

「行こうぜ、まひろ」

「う、うん。宮下先生、ありがとうございました」


 俺が荷物を持って保健室を出ると、まひろは宮下先生にお礼を言ってから静かに俺の後をついて来た。

 そして学園を出てからの帰り道。

 まひろはいつもの様に俺の隣には並ばず、ずっと俺の少し後ろの位置を歩いていた。その様子から今回の件をかなり気にしているみたいだけど、このまま沈黙が続くのは、俺としては好きではない。


「まひろ。俺が貸してた本、どこまで読み終わった?」

「えっ!?」


 話の切っ掛けを作る為に振り返ってそう言うと、まひろは驚いた表情で立ち止まった。


「え、えっと……確か三巻の半分くらいまで読んだかな」

「てことは、ちょうどあの辺りか。どうだ? 面白いか?」

「う、うん。面白いよ。主人公はちょっと可哀想なところもあるけど」

「だよな!」


 共通の話題にようやく明るい笑顔を見せたまひろ。

 そんなまひろと漫画の話をしながら、いつもの様に二人並んで駅へと向かい始める。そして話も盛り上がってきてこれからと言うところで、俺達はいつもの最寄駅前へと着いてしまった。


「本当にここまでで大丈夫か?」

「うん。大丈夫だよ。荷物、持ってくれてありがとう」


 そう言うとまひろは、俺が持っていた鞄と手荷物を手に取った。

 俺としてはまひろの家まで付き合ってもいいんだけど、それはまひろが遠慮した。


 ――そういえば俺、今まで一度もまひろの家には行った事が無いな。しかも家の場所も知らないし……。


「それじゃあ龍之介。また明日」

「おう。気を付けて帰れよ?」

「うん。今日は色々とありがとね」

「気にすんな。そんじゃな」


 俺がそう言って自宅へ帰ろうと踵を返すと、突然まひろが俺の腕を掴んできた。


「ん? どうかしたか?」


 まひろは何か言いたげに、口をもごもごとさせていた。

 そんなまひろを見ていると、なんだか可愛らしい小動物でも見ている様な気分になってくる。


「あの……今日は本当にごめんね。迷惑かけて……」


 心底すまなそうにして頭を下げる。実にまひろらしい丁寧さだ。


「いいさ。でも次からは、具合が悪い時はちゃんと言うんだぞ? 無理をして苦しいのはお前なんだし、俺だって心配になる」

「心配になるの?」

「当たり前だろ? まひろとは長い付き合いだしな」


 そう言うとまひろは、俺の右手を自分の両手でそっと包んでこちらを見てきた。


「ありがとう。僕、龍之介と出会えて本当に良かったよ」


 瞳に涙を薄く浮かべながら、そんな事を言うまひろ。


 ――い、いかん。このまひろは今までに無いくらいに可愛い。


 超絶可愛いまひろのせいで、俺の中にある可愛いメーターの針が今にも振り切れそうになっていた。


「そ、そっか。それなら良かったよ」


 気の利いたセリフの一言でも出せればいいんだけど、そこはやはり日本男児。イタリア紳士の様な格好良いセリフや気の利いたセリフなど、一つも浮かんでこない。


「それじゃあ、また明日ね」

「ああ。また明日な」


 駅の中へと入って行くまひろを見送り、俺は自宅へと向かって歩き始める。

 そして自宅へと帰る途中、まひろに手を握られて見つめられていた時の事を度々思い出してしまい、その度になぜか顔が熱くなっていた。


 ――やれやれ……ホントにまひろが女の子だったら良かったのにな。


 今まで何度も思ったそんな事を考えながら、俺は少しだけほっこりとした気分で自宅へと帰った。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます