第57話・二人の見え方

 外では涼しげな風がそよそよと吹いて、暑くもなく寒くもなく、今が一番過ごしやすい時期だ。しかし、これから梅雨へと入り、不快指数の高まる夏がやって来るかと思うと、非常に憂鬱な気分になる。

 正直に言って、夏はあまり好きじゃない。暑いし虫は多くなるし、蒸し暑いし宿題はたんまり出るし、くそ暑いしせみはうるさいし、めちゃ暑いし汗は止まんなくなるし、超暑いから。

 だいたい夏における良いところなんて、長期連休がある事くらいだろう。いや、そういえば長期連休以外で、もう一つだけ夏の良いところがあった。それは、世の中の女性が一斉に薄着になるところだ。

 夏の暑さに頭をやられたせいでそんな事を考えつつ、俺は美月さんと一緒にスーパーへの道程みちのりを歩いた。

 そして十五分くらいの道程を歩いた所にあるスーパーへと辿り着いた俺達は、出入口に置かれているカートの上に素早くカゴを乗せてから店内へと入った。


「龍之介さん。夕食は何を作りましょうか?」

「んー、とりあえずはぐるりと店内を回ってみない?」

「分かりました。そうしましょう」


 その言葉に微笑みながら頷く美月さん。

 いつもの事ではあるけど、美月さんは相手の意見を最大限に尊重して行動をしてくれる。本当に優しくて気遣いのできる人だ。

 とりあえず店内を時計回りにゆっくりと見て行く事にし、俺がカートを押しながら店内の商品を見て回り始めた。


「新鮮な野菜が沢山ありますね」

「そうだね。サラダ盛りを作るのもいいかも」

「あ、いいですね。それじゃあ、野菜をいくつかカゴに入れておきましょう」


 美月さんは手馴れた様子でレタスやパプリカなどの野菜を手に持ち、丁寧にカゴへと入れていく。そういう手馴れた様子を見ていると、普段からしっかりと自分で買い物をして料理を作っている事が分かる。


「さあ、行きましょう」

「ちょっ!?」


 ある程度の野菜をカゴに入れ終えると、美月さんはカートの手押し部分を掴んでいる俺の手の上に、そっと自分の手を重ねてきた。


「どうかしましたか?」

「なっ、何でもないよっ!?」


 俺は自分の手の上に重なった美月さんの手が自然に離れる様に急いでカートを動かして前へと進んだ。


 ――あー、ビックリした。美月さんてたまにこういった事を自然にやってくるからドキッとするんだよな。


 美月さんはああいった事をあざとくやる人ではないから、まず間違い無く、自然にしている行動なんだと思う。

 それにしても、本物の天然系女子ってのは恐ろしいもんだ。こうやって極めて自然に男を勘違いさせていくんだから。

 俺の右斜め後ろからついて来る美月さんの存在を感じながら、お肉とお魚のコーナーへと足を進めて行く。

 そして二人で向かった先のお肉お魚コーナーには、今日も相変らず美味しそうな品が所狭しと並んでいた。このスーパーの生鮮品の品揃えと品質は、周辺にあるスーパーの中でも群を抜いている。


「おっ、今日はマグロの赤身が安いな」


 俺はマグロの赤身が海産物の中でも特に好きで、回転寿司なんかに行くと、マグロの赤身の握りだけを延々と食べているくらいだ。

 夕飯のおかずに刺身でも出そうと、俺は赤身のブロックが入ったパックを手に取った。


「美月さん。これ、カゴに入れておくね――って、あれっ?」


 後ろを振り向くと、さっきまで居たはずの美月さんの姿がどこにもなかった。おかしいなと思いながら辺りを見回すと、なんとお肉コーナーの一角にある試食コーナーのおばちゃんの所に、美月さんが居るのが見えた。


 ――ここへ来ると必ず、あの一角に居る試食のおばちゃんに俺の連れは捕まってるんだよな……。


 ふうっと息を吐き出しながら、マグロの赤身が入ったパックをカゴに入れて美月さんが居る場所へと向かう。


「美月さん」

「あっ、龍之介さん。これ、とても美味しいですよ」


 新商品と書かれたウインナーを美味しそうに食べている美月さんは、にこにことした笑顔で俺を見ながら、小さなテーブルの上に置かれている試食用ウインナーを爪楊枝つまようじで刺した。


「はい。龍之介さんもどうぞ」


 美月さんは左手をウインナーを持つ右手の下に添え、丁寧に俺の口元へウインナーを差し出してきた。その様子を近くに居る試食のおばちゃんが、微笑ましそうに見ているのが気になってしまう。


「う、うん。ありがとう」


 凄まじい恥ずかしさを感じながらも美月さんの行動を素直に受け入れ、差し出されたウインナーを口に入れて噛み切り、咀嚼そしゃくを始める。


「どうですか? 美味しいでしょう?」

「あ、うん。そうだね」


 俺は咀嚼したウインナーを飲み込んでから、にこっと笑顔を浮かべてそう答えた。しかし、美月さんに『あーん』をされたのが想像以上に効いたのと、隣でその様子を見ているおばちゃんの視線が気になり、正直、味がどうかなんてよく分からなかった。

 とりあえず美月さんはこのウインナーを気に入ったらしいので、商品が入った袋を二つおばちゃんから受け取ってカゴへと入れた。

 その際におばちゃんが、『可愛らしい彼女さんね』と言ってきたのが妙に気恥ずかしかったが、一応『ありがとうございます』とは言っておいた。だけど、本当は彼女でもないのにそう答えた自分がちょっと嫌になった。

 でも、傍から見ると俺と美月さんの関係は、彼氏彼女に見えるという事なんだろう。それはそれで、ちょっと嬉しいと思ってしまう。


「どうかしましたか?」

「いや、何でもないよ。さあ、他を見て回ろう」


 そして食材選びを再開した俺と美月さんは、のんびりとしたペースで再び店内を歩き始めた。


「そういえば、こちらに来て龍之介さんと出会ったのは、ここが初めてでしたね」

「あっ、覚えててくれたんだ」

「もちろんです。私にとってはとても大切な出会いだったんですから。だから、忘れたりしません。絶対に」


 美月さんの涼やかな笑顔を見ていると、彼女はその言葉通りに、あの時の出会いを忘れたりはしないんだろうと思えた。それは素直に嬉しく思う。


「あの時の美月さん、カレーの具材を選ぶのに相当迷ってたもんね」

「そうでしたね。あの時に龍之介さんが声をかけてくれなかったら、きっととんでもないカレーができていたんでしょうね」

「ははっ。そうかもしれないね」


 美月さんと顔を見合わせてくすくすと笑い合う。

 去年の夏に出会ったばかりの美月さんと、今はこうして仲良くしている。もしもあの時、美月さんに声を掛けなかったら、俺は美月さんとこうして仲良くなれたんだろうか。人生にもしもは無いけど、それでもつい考えてしまう。選ばなかった選択のその先を。


「そうだ! せっかくだから今日はカレーにしない?」

「いいですね。そうしましょう」


 夕食のメインメニューは決定した。あとは美月さんと一緒に、メニューに合わせて食材をカゴに入れて行くだけだ。


「こうして一緒に買い物をしていると、まるで家族みたいですよね」

「えっ?」


 美月さんは食材を見ながらそんな言葉を口にした。そしてその言葉を発したあとも、こちらを向かずに食材を手に取っては、じっくりと品の吟味をしている。

 その言葉にどれ程の意味があったのかは分からないけど、それでも俺を動揺させるには十分な内容だった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます