第35話・暮れの日の兄妹

 クリスマスが終わると、一年の終わりもすぐそこまでやって来る。

 今日は十二月三十一日の大晦日。とうとう一年の最終日を迎えていた。

 うちの両親は相変らず仕事が忙しいみたいで、年末年始も帰って来られないらしい。とんだブラック企業に勤めているなと、毎年の様に思うけど、この状況にも今ではすっかり慣れっこだ。

 それにしても、高校に入ってからこれまで、長い様で短かった。思い返せば去年の今頃は、受験勉強に毎日苦しんでいた。


「杏子。勉強はしなくていいのか? もうすぐ受験だろ?」


 時刻は二十一時に突入したばかり。

 俺はリビングのソファーに寝そべり、杏子は向かい側のソファーに座ってテレビを見ながら、今年最後の日をのんびりと過ごしていた。


「大丈夫だよ。ギリギリになって慌てるのは、普段から勉強をしてない人とお兄ちゃんくらいだよ」

「…………」


 的確に兄の急所をえぐってくる妹。

 ここは兄としてビシッと言ってやるべきだろうけど、言ってる事は間違っていないので反論ができない。まさに、ぐうの音も出ない――とは、こういう状況の事を言うんだろう。


「で、でもさ杏子、お前何でうちの高校を受けようと思ったんだ? 杏子ならもっと良いところにも行けるだろ?」

「そんなの、お兄ちゃんが居るからに決まってるじゃない」


 杏子は、何でそんな分かりきった事を聞いてんの? ――と言わんばかりの不思議そうな表情を浮かべて即答する。


「……そんな理由で高校を選んでいいのか?」

「えっ? ダメなの?」

「ダメとは言わんが……まあ、とりあえず頑張れ」


 俺が通っている花嵐恋からんこえ学園は、生徒の意見が通りやすく、行事が面白い、施設が充実している、専門的な分野も学べる――などと言った特徴もあってか、かなり人気のある高校だ。その人気は全国でもトップクラスの秀才が集まる高校と比べても、何ら遜色そんしょくが無い。

 しかしそれだけでは、この花嵐恋学園の人気が高くなる理由には足りない。我らが学園の人気が高い理由。それは、この学園の異常なカップル率が理由となっているのは想像にかたくないだろう。

 それはいつ頃からかは知らないけど、その事に関する噂が次々と伝わり、この学園に入学すると、大切な人に巡り会える――なんて噂がいつの間にか流れる様になっていたと聞く。

 もしもそれがただの噂に過ぎなければ、この学園が人気になる事は無かったのかもしれない。だが、実際のカップル率の高さ、その後に結婚したと言われるカップルの多さを考えれば、その噂を信じてみたくなるのも分かる。

 個人的には、大切な人=恋人って考え方は安直な気もするけど。


「そう言うお兄ちゃんは、何で花嵐恋学園に入学したの? やっぱり、あの噂を信じてたから?」

「大切な人に出会えるってアレか? アホらしい……家から一番近かったからだよ」


 杏子にはこう言ったけど、その噂をまったく気にしていなかったかと言えば嘘になる。もちろん、自宅から一番近かったからという理由は本当だ。


「ふーん。でも、よくお兄ちゃんが花嵐恋学園に合格できたよね」

「お前は兄の事をどんだけアホだと思ってたんだ?」

「だってお兄ちゃん、成績は良くなかったでしょ?」

「うぐっ……」


 俺を見ながら、ニヤリとした笑みを浮かべる杏子。

 まあ、杏子にこう言われても仕方がないとは思う。実際に俺の中学生時代の成績は、杏子の言っていたとおりに良くなかった。

 だからこそ、三年生の時には茜とまひろに勉強を教えてもらっていたわけだが、あの時は本当に辛かった。まひろはいいとして、茜は超スパルタだったし。

 しかしまあ、色々と辛い事は多かったけど、それでも二人がしっかりと勉強を教えてくれた事は今でも感謝している。もしもあの時に二人から勉強を教わっていなかったら、俺はきっと、花嵐恋学園に合格できなかっただろう。

 そういえば、あの時は一時期だけ茜もまひろも俺とは志望校が違っていたんだけど、俺が花嵐恋学園を第一志望校として選んだあと、なぜか二人揃って第一志望校を花嵐恋学園に変更していた。それを不思議に思って、一度その理由を二人に尋ねた事があったんだけど、二人揃ってその理由は『通学が楽だから』と言っていた。

 まあ、学校が近いってのは重要な要素だとは思ったけど、今考えるとちょっと変な話にも思える。


「そういえばさ、お兄ちゃんて好きな人は居ないの?」

「何だよいきなり」

「ちょっと気になったから。お兄ちゃん、ラブコメみたいな恋愛がしたいとか言っているわりには、好きな人が居る気配も無いし」

「言われてみればそうだな……」

「ねえ、もし誰かに言い寄られたりしたら、お兄ちゃんはどうする?」

「うーん……そうだなあ……」


 杏子は何気なく聞いているのかもしれないけど、俺は返答に困った。変な話かもしれないけど、そんな事をまともに考えた事が無かったからだ。


「……正直分からんな。そういう状況になってみないとな」

「嘘じゃないみたいだね。でも、お兄ちゃんに恋人ができたらちょっと嫌かな」

「何でだよ? お前、クリスマスには雪村さんに、『お兄ちゃんを彼氏にどうですか?』とか言ってたじゃないか」

「あれに関しては、今はそういう事にはならないって思ったからそう言っただけ」

「訳が分からん……俺に彼女ができたら何で嫌なんだよ?」

「うーん……例えばだけど、私が高校に入学してからすぐに彼氏ができて、その彼氏とイチャイチャしてたら、お兄ちゃんはどう思う?」

「大爆発しろと思うだろうな」

「……お兄ちゃん、妹にまでそんな事を思うの?」


 じとーっとした目でこちらを見る杏子。

 ほんの冗談――いやまあ、七割くらいは本気だったかもしれないけど、何もそんな目で見なくてもいいだろうに。


「俺が悪かったよ。真面目に考えるから、そんな目で見るな」


 とりあえずだが、杏子の質問に対して真剣に考えてみる事にした。

 そりゃあ、杏子だっていずれは恋人ができるだろう。兄貴フィルターを外さなくても、杏子は可愛い方だし。と言うわけで、とりあえず杏子が言っていた様に、仮想彼氏とイチャつく姿を想像してみるとしよう。


「――うん……なんだか分からんが、そこはかとなく嫌な気分だな……」

「でしょ? 多分、それと同じ気持ちだよ」

「ふむ……」


 思わずして杏子に納得させられてしまった。何だろう、このモヤモヤする気分は。


「まあ、私は彼氏を作る気は無いけどね。お兄ちゃんが居るし」

「お前は俺の恋人かよ」


 そう言うと杏子は妖しげな笑みを浮かべてソファーから立ち上がり、俺の寝そべるソファーの背後に回り込んでから身体を乗り出してきた。


「お兄ちゃんは知らないのかな? 義妹ぎまいとは結婚できるんだよ? それに私、昔お兄ちゃんと結婚する約束もしてるんだよ? 覚えてない?」

「そんなの小さい頃の話だろ? それにお前も、俺と結婚なんてしたくないだろ」

「さあ? それはどうかなあ?」


 そう言ってソファーから離れた杏子を上半身を起こして見ると、クスクスと楽しげに微笑んでいた。

 そして杏子はその楽しげな微笑を浮かべたまま、二階へと上がって行く。未だにこういう時の杏子は、何を考えているのかよく分からない。

 こうして杏子が二階へと行ってからしばらくした頃、俺はソファーから立ち上がって三人前の年越しそばの準備を始めた。三人目はお隣の美月さんの分だ。

 余計なお世話かもしれないけど、あとで誘って年越しを一緒に迎えようと思っている。独りで年越しなんて寂しいだろうから。

 乾燥椎茸を水で戻していた出汁を台所で温めていると、椎茸のかぐわしい香りが広がり始めた。


「お兄ちゃーん、美味しく作ってねー。あと、ネギはたっぷりでお願~い」


 どうやらうちの妹様も、この芳しい香りに誘われて二階から下りて来たらしく、リビングからそう要望する声が聞こえてきた。


「はいよ~」


 俺は妹様の要望に返事をし、年越しそばを仕上げていく。

 来年はどんな年になるだろう。できれば今年よりも良い年になる事を願いたい。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます