第32話・二人だけの文化祭

 茜の策略にはまり、俺はびっくりたこ焼きという名のロシアンたこ焼きを食べさせられた。本来なら泣き寝入りするところだろうけど、このままでは腹の虫がおさまらない。だから茜にはあとで、からしをたっぷりと塗り込んだお好み焼きでも差し入れてやるとしよう。

 恐怖のロシアンたこ焼き屋をあとにした俺とまひろは、再び出店の数々を見て回っていた。文化祭は相変らずの盛況ぶりで、どこに行ってもお客さんの楽しげな声と笑顔が溢れ、それを見ていると関係者としては嬉しくなる。

 それからしばらくして休憩時間も終わり、名残惜しくも喫茶店へ戻ると、店内から沢山の大きな歓声が上がっていた。その歓声を聞いて急いで店内へ入ると、多くのお客さん達がゲームコーナーに群がっているのが見えた。


「あの二人すげーな。お互いに一歩も引かないぜ」


 群がりに近付いて行くと、観戦しているお客さんの一人からそんな言葉が聞こえてきた。

 その言葉から察するに、美月さんとお客さんが行っているゲーム対戦の事を言っているんだろうけど、あの美月さんを相手に一歩も引かない相手が居るというのはちょっと信じられなかった。


「ちょ、ちょっとすいません」


 俺は観客の間を強引に通り抜け、美月さんと対戦相手のプレイが見える位置まで向かった。

 そして辿り着いた先で美月さんと格闘ゲームの対戦をしていたのは、意外な事に同じ学園の女子生徒だった。美月さんとその女子生徒は、誰が見ても驚くほどの凄まじいハイレベルな攻防を繰り広げている。

 観客も俺も、固唾かたずを飲んでその戦いを見守る中、二人の使うキャラクターの体力ゲージはもう二割を切っていて、お互いが相手を倒す為の隙をうかがっていたが、その勝負は一瞬にして動いた。


「あっ!?」


 俺には分からなかった一瞬の隙を突かれてふところへと入られた美月さんが声を上げた瞬間、相手はここぞとばかりに連続攻撃を撃ち出してきた。

 美月さんはその攻撃をガードをしようとした様子だったが間に合わず、その連続攻撃を受けてKOされてしまった。


「おおっ! 初めて挑戦者が勝ったぞっ!」


 観客から歓声が上がると同時に、二人に対して惜しみない拍手が送られる。

 俺も途中からの観戦とはいえ、そのレベルの高い戦いに対して自然と拍手をしていた。


「噂には聞いていたけど、私をここまで追い詰めるなんて予想以上だったわ。流石ね、如月美月さん」


 相手の女子生徒は椅子から立ち上がってそう言うと、美月さんに右手を差し出した。それを見た美月さんはにっこりと笑顔で立ち上がると、差し出されたその手をそっと握った。


「ありがとうございます。私もこんなに強い方と対戦ができて楽しかったです。是非またお相手をして下さい。では、こちらがお約束の賞品です」


 美月さんは机の上においていた賞品のタダ券を手に取り、相手の女子生徒に手渡した。


「ありがとう。確かに受け取ったわ。では、鳴沢龍之介君。これでこの店一番のお勧めスイーツを用意してちょうだい」

「えっ!? あ、はい」


 勝者の女子生徒はこちらへ視線を向けると、いきなり俺をフルネームで指名してそんな事を言った。俺は少々呆気に取られながらも、差し出されたタダ券を受け取る。

 そして俺にタダ券を渡した女子生徒は、静かに客席の空いてる場所へと移動を始めた。


 ――あの人、どうして俺のフルネームを知ってるんだ?


 そんな疑問を持ちながらタキシードの上着を取りに向かい、急いで真柴にお勧めスイーツを作ってもらった。


「お待たせしました」

「ありがとう」


 俺がテーブルに特製ジャンボパフェを置くと、女子生徒は短くお礼を言ってから静かにパフェを食べ始めた。


「ごゆっくりどうぞ」


 そんな女子生徒を前に俺は丁寧にお辞儀をし、美月さんのところへと向かった。


「美月さん、お疲れ様。さっきは惜しかったね」

「龍之介さん、お疲れ様です。本当に強い方でした。とても悔しいですけど、凄く楽しかったです」


 惜しくも負けたとはいえ、あれだけの戦いを繰り広げられた事が嬉しかったんだろう。その表情はとても満足げに見えた。

 きっと美月さん程のハイレベルプレイヤーになると、対等に戦える相手はそう多くないと思う。もしかしたら、対等に戦える相手が少ないというのは、それはそれでつまらない事なのかもしれない。


「鳴沢龍之介君!」


 突然大きな声でフルネームを呼ばれてその方向を振り向くと、美月さんとゲーム対戦をしていた女子生徒が、俺を鋭い目で見ながら手招きをしていた。


「な、何でしょうか?」

「同じ物をもう一つ頂けるかしら?」


 さっき持って来たはずの特製ジャンボパフェは、既に中身が綺麗になくなっていた。


「注文、聞こえたのかしら?」

「あ、はい! 分かりました!」


 俺は急いで空になった器を持って調理場へと戻り、新たなジャンボパフェを急いで作ってもらってから女子生徒の居るテーブルへと持って行った。


「お待たせしました」

「ありがとう」


 最初と同じ様に短くお礼を言った女子生徒は、また静かにジャンボパフェを食べ始める。それを見た俺は、再び美月さんのもとへ戻って話を始めた。


「龍之介さん。あの方とはお知り合いなんですか?」

「いや、知らない人だよ。でも、どこかで会った事がある気はするんだよね……」

「龍之介さんもですか? 私もどこかで会った事がある様な気がするんですよね……」


 美月さんと一緒にウーンとうなりながら首を傾げる。

 しかし、いくら考えてもその答えは出なかった。

 それから俺は再び接客へと戻り、高校初の文化祭は盛況の内に幕を閉じた。


「――みんな、片付けお疲れ様! このあとは打ち上げがあるから、駅前のカラオケ店に集まってねっ!」


 文化祭中のクラス統括だった真柴がそう言うと、みんなはそれぞれ準備をしてから教室を出て行く。


「あっ、鳴沢君。これ、頼まれてた物ね」

「おっ。ありがとう、真柴さん」

「うん。ところで、これどうするの? まさかとは思うけど、どこかの女の子にみつぐつもり?」

「な、何言ってんのさ! うちの妹にも食べさせてやろうかと思っただけだよ」

「へえ。鳴沢君て妹さんが居たんだ。結構優しいんだね」


 真柴は顔をニヤつかせながらそんな事を言うが、俺の『妹に食べさせてやろうと思った』――と言う言葉は嘘だ。


「結構優しいって、俺はいつでも優しいぜ? 渡以外には」


 ――ついでに付け加えるなら、恋人持ちリア充以外にも俺は優しい。


「あははっ、渡君可哀想~。でも、本当にそうじゃなくて良かったよ。もしそうだったら茜に悪いし」

「はっ? 茜に悪い?」

「あっ、ううん、何でもないの。それじゃあ、先に行ってるね。茜も来るんだからちゃんと来るんだよ?」


 真柴は明るくそう言うと、足早に教室を出て行った。

 それにしても、茜に悪い――とはいったいどういう事だろう。まさかとは思うけど、茜にあげるはずだった物を俺に回してくれたんだろうか。だとしたら、この事が茜に知られれば、俺は間違い無く血祭りにされる。

 思わず身震いしながら室内の時計を見ると、時刻は十七時になっていた。

 俺は椅子を校門が見える位置の窓際まで持って行き、そこに腰かけてから指二本分くらい窓を開いた。

 誰も居なくなった元喫茶店内はとても寂しく、文化祭中の賑わいが嘘の様な静けさだ。そんな静寂の中、開けた窓の外を時々チラチラと見ながら、鞄から取り出した小説を読む。

 そして取り出した小説を読みふけってからどれくらい経っただろうか。ふと顔を上げて窓の外を見ると、校門の所に一人の女の子が居るのが見えた。

 その女の子はよほど急いでいたんだろう。右手を胸にやって両肩を大きく上下させている。


「おーいっ!」


 俺は窓を全開にし、校門に居る雪村さんに向かって大きく手を振りながら声を上げた。

 するとその声に気付いた雪村さんは、胸にやっていた右手をそのまま高く上げ、こちらに向かって大きく手を振り返しながら走って来た。


「遅くなってごめんなさい!」

「謝らなくていいから、まずは息を整えて」


 十一月に入り、外は本格的な冬の様相を見せ始めているというのに、雪村さんの額には薄っすらと汗が浮かんでいるのが見えた。そんな雪村さんはスカートのポケットから淡い空色のハンカチを取り出すと、それを使って額の汗を拭っていく。

 そしてそれが終わるのを見計らった俺は、近くの出入口からこの教室まで来るように促し、雪村さんはこの教室へとやって来た。


「お邪魔します。わあ……この教室でお店を出してたんだよね?」

「結構大きいでしょ? お店もかなり繁盛してたんだから」

「そうだったんだ。でも、そう聞くと残念だなあ。ちゃんと営業してる時に来たかったよ」


 残念そうにそんな事を呟く雪村さん。

 確かに俺もそれは残念に思う。けれど、俺の文化祭はまだ終わってはいない。


「雪村さん。ちょっと待っててね」


 俺は手荷物を持って急いでトイレへと向かった。

 そしてそこで借りていたタキシードに再び着替え、教室で待っている雪村さんの所へと戻る。


「お待たせっ!」

「龍之介君!? どうしたのその格好!?」


 雪村さんは俺の白タキシード姿に面食らっていた。まあ、普通はこんな反応になると思う。


「今日はこれを着て接客してたんだよね」

「そうなんだ。ちょっとビックリしたけど、良く似合ってるね」

「本当にそう思ってる?」

「もちろん」


 くすくすと笑う雪村さんを見ながら、俺は疑わしいと言わんばかりの視線を向ける。


「龍之介君がウエイターをしてたなら、やっぱり開催中に来れなかったのは残念だなあ。美味しいスイーツもあるって聞いてたし」

「あっ、それなんだけどさ」


 俺は片付けられた机がある場所から一つの机を雪村さんが座る椅子の前に用意し、その机の上に真柴から受け取った物を置いた。


「これって、まさか私の為に?」

「うん。もしかしたら来るのが遅くなるかもしれないと思ってね。念の為に雪村さんの分のケーキを取っておいたんだ。あと、特製の紅茶も」


 保温性抜群の水筒から紅茶をカップへ注いでいくと、かぐわしくフルーティーな紅茶の香りが室内に匂い立った。


「さあ。どうぞお召し上がり下さい。お客様」

「わあ! ありがとう、龍之介君。――うん! 美味しいっ!」


 差し出したケーキを美味しそうに食べる雪村さん。

 その美味しそうに食べている笑顔を見ていると、真柴にケーキを取っておいてもらった甲斐があったなと思える。


「そうでしょ? このケーキ、うちの店で一番人気だったんだから」

「そうなんだ。ありがとう、食べられて嬉しいよ」

「いやいや。どういたしまして」


 それから俺は、昨日から今日までの間にあった文化祭の話を雪村さんに話して聞かせた。雪村さんは俺が話す内容に、楽しそうに耳を傾けてくれる。

 そして雪村さんが聞き上手な事もあったからか、俺はついつい時間を忘れて話し込んでしまった。


「あっ、もうこんな時間か。そろそろ行かないと怒られるな……」

「何か用事があったの?」

「ああ、いや、クラスで文化祭の打ち上げがあってね。ちょっとは顔を出しておかないといけないからさ」

「そうだったんだ。ごめんね、私のせいで……」

「ううん、気にしないで。俺は文化祭に来てくれるって言った雪村さんを待ってたんだからさ。そして雪村さんはそれを守ってくれた。これでようやく俺の文化祭は終了だよ」

「……本当にありがとう。それと、朝に送ってくれたメッセージ、とっても嬉しかったよ。ちゃんと待ってるから――って」

「あっ、いやまあ、どういたしまして……。さあ、行こっか!」

「うん!」


 俺は恥ずかしい気持ちを隠しながら立ち上がり、そのまま椅子と机と食器を片付け始める。

 そして雪村さんと一緒に学園を出たあと、駅前でお互いにお礼を言いながら別れた。

 何はともあれ、雪村さんとの約束も守れたし、色々な意味で上出来な文化祭だったと思う。かなり気が早いけど、来年の文化祭が楽しみだ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます