いつか誰かがドアを蹴破って僕を襲うのだと思っていた

作者 樋口芽ぐむ

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

完結済 全30話

更新

  1. 第1章 鉄の板とアルミのゴミ箱 1
  2. 第1章 鉄の板とアルミのゴミ箱 2
  3. 第2章 子供おりがみ 1
  4. 第3章 小学生おりがみ 1
  5. 第3章 小学生おりがみ 2
  6. 第3章 小学生おりがみ 3
  7. 第4章 エブリデイ遭難 1
  8. 第4章 エブリデイ遭難 2
  9. 第5章 中学生おりがみ 1
  10. 第5章 中学生おりがみ 2
  11. 第5章 中学生おりがみ 3
  12. 第6章 あの日
  13. 第7章 介護施設ふんだりけったり 1
  14. 第7章 介護施設ふんだりけったり 2
  15. 第7章 介護施設ふんだりけったり 3
  16. 第7章 介護施設ふんだりけったり 4
  17. 第8章 服薬
  18. 第9章 パチプロ時代 1
  19. 第9章 パチプロ時代 2
  20. 第10章 二丁目訪問 1
  21. 第10章 二丁目訪問 2
  22. 第10章 二丁目訪問 3
  23. 第11章 ドアを蹴破って襲われる
  24. 第12章 ナカヤマ 1
  25. 第12章 ナカヤマ 2
  26. 第12章 ナカヤマ 3
  27. 第13章 再発
  28. 第14章 決意
  29. 第14章 病院
  30. 最終章 やりたいようにやるんだよ