第10話 キスの音色



キスには音色っていうモノがあってね、


ずーーーっと静かにかわすキスもあれば、


だんだん熱くなって情熱的になってのキスもあるの



あなたとするキスはまだ発展途上気味で、


たぶんこれからいろいろ広がっていくんでしょうね



それを思い出してる今はもう、


誰かさんのことだけしか考えられなくて、


またうずうずしながら時を刻むんだわ



次に逢えるその時までね


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます