白夜記

作者 月緒 桜樹

透き通るほどの白い光の詩

  • ★★★ Excellent!!!

『千夜記』を読んでから、こちらの『白夜記』を読みました。
選び抜かれる言葉は同様に洗練されていながら、読んでいるとふわりと柔らかなイメージがよぎります。
仄かな光、淡い優しさ、儚げな癒し、タイトル通り白夜のような詩集。
心に灯火が欲しいときに読み返したいです。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

月ノ羽衣さんの他のおすすめレビュー 107