針一筋

作者 偽教授

126

46人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

 超絶好きです。文章の流れがとても綺麗です。玄達の孤独な物語に、思わず没頭してしまいました。
 針打という特殊な技能を持ちながら、生涯を孤独に過ごした、とある達人の物語。
 もう全部が好きなんですが特にラストのシーン特に好きです。ネタバレになってしまうのでここで書くのは避けますが、これしかないというくらい、本人にとってはいい結末だったと僕は思います。久しぶりに求めているものに出会えた気がします。最高の読後感をありがとうございます。

 達人ゆえの孤独、孤独ゆえの不安。そういった繊細な心の揺れ動きが、手に取るように伝わってくる物語。
 玄達が最後に辿りついた感情は、ぜひ皆さんの眼でお確かめください。
 

★★★ Excellent!!!

かつて堺屋太一は、名は知られずとも歴史を影で動かした人物は「匿名の情熱」に取りつかれていた、と書いた。本作の主人公である玄達もまた、大物をこの手で仕留めてみせる、という熱に浮かされている。その先に待ち受けていた結末は、残酷ながらもある種の救いをもたらしてくれる。最後の最後で、かれははじめて己を知る者と出会えたのだから。

★★★ Excellent!!!

 一針に懸けるその生き方は一筆に懸けるこのサイトの人々に通じるところがあると思います。
 これに意味が有るのか。
 これに価値が有るのか。


 知るか。


 こうあることしかできなかったのだ。
 なれば極めるしかあるまい。
 KUSO創作だぞ、だがどうした。
 これを私は極めたんだ。
 そういうものだと思うのです。
 美しい。