電装竜騎士団の飛翔兵

作者 雲江斬太

52

19人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!


数々の困難を乗り越えながら戦士となっていく主人公や、魅力たっぷりの仲間達を描いたヒロイックファンタジーかつ、思わず「回せー!」と叫びたくなる戦闘機モノ(?)です。

また、登場する機体、世界観の構築にも、思わず唸るアイデアや、こだわりが感じられました。

一難去ってまた一難。危機が迫ったら操縦桿を引いて避わし、危険が追ってきたら、スロットルを開けて引き離す。
空を翔ぶ爽快感が、ここにあります。

★★★ Excellent!!!

以前、日帰りファンタジーで「電装竜騎士団」とは出会わせて頂いたのですが、本作でもなによりも驚かされるのは文章ののめり込みやすさです。
スピード感を、こんなにも丁寧な文章で表現できてしまうのかと、脱帽です。

前回でのカズマ達の物語は、最初から最後までクライマックス!という素敵な意味でてんこ盛りな内容で、文字制限が少なく限られてにも関わらず、うまくまとめられていました。それが本作はすごくオイシイところが増えているといいますか(読了が出来ていないのが切ないのですが)とにかく、作者様は読者の方をあきさせない、次々と引き込ませる技量を持っていらっしゃいます。

逸脱された、手に汗握る物語を、前作で惜しくも出会えなかった方は、
是非!パワーアップした、本作と出会っていただきまして、カズマ達の世界を堪能されてみてください!空中戦、本当凄いですから!出会わないともったいないですよ!

是非、ご一読を!

★★★ Excellent!!!

 専門的なのに、それを感じさせないくらい読みやすい空戦が見られる稀有な作品です。それでいて次々と畳み掛けるように起こる事態は息つく暇もなくこちらを戦場へと引き込んでくれる素晴らしい構成。

 そのどれもが「またかぁ」とか「えぇ?」とかダレることなく、うまいこと繋がっていき、そしてそれを解決するため全力で連携していく電装竜騎士団のメンバーたちには見惚れてしまいます。

 誰も手を抜かず、本気で、問題解決へと向けて進んで行く騎士たちはカッコいい。堅苦しくないリアルさに支えられた中で、ライバル関係やフォローの仕方など、本当にアツイ展開が読んでいて気持ちが良い!

 それと、ちょっとした恋の行方も良い塩梅で気になっちゃうところ。

 ひょんなことから異世界と現実世界を行き来することとなってしまった主人公たちの活躍を是非見てやってください。
 主人公も強いけど、仲間たちが逞しくて応援したくなっちゃうこと間違いなしです。おすすめです!

★★★ Excellent!!!

拝読させていただきました!

本作品はとにかく描写が細かい!
もちろん良い意味でなんですが、作者のこだわりが凄すぎて、思わず『関係者様ですか?』と思ってしまう程です。

その効果もあって、戦闘描写がとても引き立って見えます。
読んでいて、あたかも自身がパイロットになったかと思える位の没頭感、臨場感がありますね!

★★★ Excellent!!!

私が本作の第一章部分にあたる短編に出会ったのは、日帰りファンタジーコンテストの時でした。
テンプレ的な異世界バトルを盛り込んだ作品が多い中で、古き良き騎士団の崇高な魂を胸に宿し、ドラグトゥーンと呼ばれる小型飛行機で縦横無尽に空を翔け、異世界から来た巨大な怪物に立ち向かう電装竜騎士団の勇姿に圧倒されました。
短編で終わらせるのは勿体無いと強く感じていた作品が、今回長編として登場したことを知り、胸を躍らせて飛びついた次第です。

第一章では、異世界の電装竜騎士団メンバーで転生体質(笑)のバベルさんの体を借りて戦ったカズマですが、第二章以降は正式な電装竜騎士団のメンバーとして愛機と共に活躍します。
まるで体の一部であるかのようにドラグトゥーンを操り、怪物の餌食として異世界に連れ込まれてしまった現世界の人々を救おうと、仲間と共に命を賭して闘いに挑む熱い騎士団メンバーの面々。
個性豊かな人々ですが、そこに主人公のカズマや、さらには血の繋がらない妹リナまで加わり、物語はさらに面白く広がっていきます。

飛行機にお詳しい作者様ならではの熱い空中戦の描写は緊迫感と迫力に満ち、巨大な敵に挑む小さな飛行機達の無謀とも言える闘いが胸を熱くさせます。
絶体絶命のピンチ! そんな時に放たれる意外な人物からの名(迷?)案!
無茶苦茶なのに仲間を信じ、果敢にミッションに挑戦するカズマ達。
異世界飛行機バトルというユニークなストーリーの中に、王道のワクワクドキドキがこれでもかというくらい詰まっています。

空を駆け巡る騎士団の鮮やかな軌跡を皆さんもぜひ追いかけてください!

★★★ Excellent!!!

ある日、突然、電装竜騎士団の兵士に転生してしまったカズマ。転生先は、槍兵のバベル。彼の身体に入ったまま、何も分からず、自分が持つ知識と技術だけを頼りにカズマは怪物に立ち向かうことに……。この転生がきっかけで、カズマと電装竜騎士団の兵士たちの絆も深まっていく。

実を言うと私はファンタジーやアクションには疎いのです。それなのになぜこの作品は楽しく読めるのかと考えると、まずは、丁寧でリアルな描写です。飛行機に詳しくない私でも、こんな感じかなと想像しながら読むことができます。そしていつの間にか物語の中に引き込まれ、まるでアクション映画を見ているように情景が動いていきます。

そして、やはりそこにある人間ドラマだと思うのです。竜騎士団に出会う前のカズマくんは、きっとどこにでもいるような普通の男の子です。でも、竜騎士団と出会い、「大切なものを守ること」に気づいていくにつれて彼の中で強い想いが芽生えてきます。そんな成長を描くストーリーは自ずと人を惹きつけます。

彼を取り巻く登場人物達も素敵で、面倒見のいいローレライさん、一見冷たそうな冷静キャラのカッツェさん、どこかちゃめっけのあるバベルさん、団長や整備士のチャカ夫さん、誰を取ってもキャラが光ってます。

そして、妹のリナちゃんのキャラが抜群です。彼女に対しては「この状況でこの落ち着きぶり、いや天然?」って何回思ったことか(笑)でもそんな彼女の存在は、窮地に陥って狭くなってしまった皆の視野をこじ開けるような働きもあって、深刻になりがちなそんな場面を明るく照らしてくれるのです。

巨大魚に、巨大蛇。巨大カメの次には何が襲ってくるのか。(mission 4の時点)でも、こんな仲間たちがいればどんな困難でも大丈夫って思える。

個性豊かなキャラ達が繰り広げるワクワクする物語を覗いて、そして巻き込まれてみませんか?

★★★ Excellent!!!

熱い空中戦を思う存分楽しみたい! そんな、空を夢見る方は世に多くいらっしゃることでしょう!
ここにあります! 空の全てがここに凝縮されています!

興奮に任せてレビューさせていただいておりますが、子細で丁寧な描写と白熱したテンポ感に溢れた御作品の熱に煽られてと申しましょうか。
怒涛のピンチとエア・トリックの数々に、文字通り息つく間もないままのめり込むこと間違いなし!

ファンタジーファンにも、ドラマ、あるいはバトル好きの皆様にも確実に楽しんでいただけることと思いますが、是非戦闘機好きという方に熱く熱くお勧めしたい。

個人的にはF-14が好きなのですが。
まあそれは捨て置くとして……。

章がmissionという単位で区切られていますが、是非ともまずは、一つ目のmissionを味わってみてくださいませ!
私は、二つ目のmissionまで拝読させていただいたところでこちらを書かせていただいておりますが、それほどの興奮。

読了後、また改めてレビュー追加させていただくつもりです。