百合の温室

作者 悪神狐・塵山ひやむぎつね

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

連載中 全70話

更新

  1. 一章
  2. 第一話 人造少女の楽園
  3. 二話 できれば、コールコーヒーの氷が溶けぬ間に
  4. 三話 これは何の動物の皮で作られているのであろうね?
  5. 四話 女の命と無線通信
  6. 五話 閑話男子学生英国高級ブランド
  7. 六話 ミルは目覚まし時計よりも早くに鳴った
  8. 七話 一晩、それから四時間と
  9. 八話 二種の猫っ被り
  10. 九話 貯水槽と一本1l入り
  11. 十話 一度飼われて飛んだ鳥
  12. 二章
  13. 十一話 あの薬は考えを辛気臭くさせてくるから
  14. 十二話 王座はくるくる回る
  15. 十三話 だけれど瑠璃色はどうしようもなく愛しているんだ
  16. 十四話 ファムファタルの便箋
  17. 十五話 一番に厄介な女の名は
  18. 十六話 妄言者の伝奇恋情
  19. 十六話 或る男の妻
  20. 十八話 血縁者
  21. 十九話 万人のファムファタルの唯一の運命
  22. 二十話 偶像、それか唯一あなたの人間
  23. 三章
  24. 二十一話 二百近い日記の山
  25. 二十二話 密の閑話と百年物
  26. 二十三話 アリスと流行歌
  27. 二十四話 蜻蛉玉はコールコーヒーには溶けてはくれない
  28. 二十五話 他人と見る車窓の画
  29. 二十六話 高速道路のラング・ド・シャ
  30. 二十七話 あの日の忠誠
  31. 二十八話 瑠璃釉金箔の孔雀
  32. 二十九話 親愛は金継ぎ塗れになろうとも
  33. 三十話 ならば次は、鳩の血を貴方に
  34. 四章
  35. 三十一話 白髪の女学生
  36. 三十二話 情死の紐
  37. 三十三話 院長室裏の柵
  38. 三十四話 黄泉路の川で濯ぐ
  39. 三十五話 だから私は燐に散らした
  40. 三十六話 海泡石が染まるまでには
  41. 三十七話 獣を壊すのは何時だって恋だろう
  42. 三十八話 医務室の老嬢
  43. 三十九話 天衣無縫の化け狐
  44. 四十話 巫山の雲を列車に隠す
  45. 五章
  46. 四十一話 暫くは臨時休業でしょう
  47. 四十二話 尤も、この程度でも私達には十分な淫雨だ
  48. 四十三話 やはりあれは一番に厄介な女だ
  49. 四十四話 女と娘の境界
  50. 四十五話 娑婆の遊び女達
  51. 四十六話 畏怖の脈拍
  52. 四十七話 強欲なる狼女帝
  53. 四十八話 瑞獣たる九尾狐
  54. 四十九話 指先は風切羽
  55. 五十話 鳳凰の継ぎ羽
  56. 六章
  57. 五十一話 崇高なる芥子の話
  58. 五十二話 屋上の蜃気楼
  59. 五十三話 罪の色を呑む者
  60. 五十四話 暗夜の反転
  61. 五十五話 敷島のサイレン
  62. 五十六話 或る、限定的な悪筆
  63. 五十七話 郷愁の紫煙
  64. 五十八話 梅雨明けの渓流と箸
  65. 五十九話 不揃いなる者の自由
  66. 六十話 誰彼時の色眼鏡
  67. 七章
  68. 六十一話 人工的な陸の孤島
  69. 六十二話 青春は既に番外地
  70. 六十三話 終わりを待つ温室の百合
  71. 六十四話 幾ら、悪辣で不道徳な世界でも
  72. 六十五話 例えば、運命が唯の偶然であるとして
  73. 六十六話 梅雨明けの山道
  74. 六十七話 琥珀の天井
  75. 六十八話 刺殺の返礼
  76. 六十九話 箸持つ指
  77. 七十話 アクセル踏めるなら大人でしょうって