#3 勇気の出ない二人には

「コボリくん――って、同じクラスの?」

 ノリちゃんはうなずいた。

 時間は少しさかのぼる。

 リンコの先輩の話のあと、『シカゴ』で私たちはノリちゃんの意中の人の名前を聞いた。ノリちゃんの好きな子は、同じクラスのコボリくんだった。

 コボリくんはどちらかというと目立たないタイプの子だ。パッとしない子、それくらいしか私の印象はない。もちろん好みは人それぞれだから、私がどうこういう筋合いはない。

「ふうん、ああいうおとなしい子がいいんだ。ちょっと意外」

 もちろん世の中には他人の好みにどういういう人もいる。まあ、リンコがいうと嫌味にはならないからいいんだけど。

「さっさと告白しちゃえば? コボリくん、誰かと付き合っているようには見えないけど」

 私も同感だ。

「たぶん無理。だって、コボリくん、好きな人がいるの」

「あらら。誰?」

「二年のサカイユウコっていう人。私とコボリくんは小中とずっと一緒で……。コボリくんは中学のときからユウコ先輩のことが好きだったの」

「コボリくんはユウコ先輩には告白してないんだ」

「うん」

 私たちは押し黙った。

 ユウコ先輩がどんな人か知らないけれど、ノリちゃんは結構可愛い。いや、かなり可愛い。女の子からみた可愛さと、男の子からみた可愛さは違う。でも、ノリちゃんの場合、男の子からみても断然可愛い部類だと思う。

「ノリちゃん可愛いから、いけるんじゃないの」

 どうやらリンコも私と同じことを考えていたみたいだ。

「だめ」

 ふるふると、ノリちゃんは首をふった。

「だって、コボリくん、三年間ずっとユウコ先輩のこと想い続けてきたんだもん」

 別のいいかたをすると、三年間告白する勇気がなかったわけだ。そんな奴に、ノリちゃんの告白を断る気骨があるとは思えないけど、私は一応黙っていた。

「まあ、それはちょっとつらいかもね」

 ここはリンコとは意見が違うみたいだ。

 リンコは大きくうなずいて、腕を組んだ。

「よし。じゃあ、ひとつ『マスター』とやらに力を借りてみますか」

 そして、このあと私たちはまた学校に戻って、西校舎の掲示板にノリちゃんの名前を書いた紙を残してきたのだ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます