【14】永遠の愛と友情? 摩訶不思議。

優香side

122

 ――年が明けて一月……。


 美子が、結婚式の招待状を持ってきた。


 美子は同じ銀行の榊創太さかきそうたさんとの結婚が決まった。挙式披露宴は三月、美子は穏やかな春の日に綺麗な花嫁さんになる。


 なんか……実感がわかない。

 美子が結婚するなんて。

 誰かの奥さんになるなんて、ピンとこない。


「優香、はい招待状。絶対に出席してね」


「わかってるよ。大親友だもの。一緒にカラオケ歌っちゃう?」


「やだ。私、新婦だよ」


「新婦か……。新妻とか、人妻とか、ちょっとエロいね」


「どこがエロいのよ。優香こそ、八歳も年上の先生と交際してるなんて、ちょっとエロいね」


「バ、バ、バカだね。私と北川先生は何もシてないから」


 美子は私が矢吹君と別れて、北川先生と付き合ってることは知っている。恋の悩みはかめなしさんに打ち明けているが、やっぱり頼りになるのは幼なじみで親友の美子だ。


「そうなんだ。焦らしてるの?次は恵太かな?優香かな?どっちが先だろうね?ふふっ……」


「焦らしてないし。次は恵太だよ。恵太も招待するんでしょ?」


「うん、するよ」


「恵太の彼女、かなり強烈キャラなんだよ。ねぇ、彼女も二次会に呼ばない?」


「えっ……本気で言ってるの?優香は……恵太の元カノだよね」


「もうそんなのとっくに終わってる。ていうか、もともと始まってもいなかったんだから。美子は恵太の彼女に興味ない?逢いたくない?」


「……恵太のお見舞いにも行けなかったし、ちょっと逢いたいって思ってたんだ。いや、かなり逢いたい!」


「でしょう。彼女、可愛いんだよ。美咲さんも絶対呼ぼうよ、ねっ!」


「わかった。二人は同棲してるんだよね?招待状、連名で送るね」


「うん。うふふっ、楽しみだね!」


「優香、二次会に友達も何人か呼ぶから」


「同窓会みたいだね。二次会も楽しみだね。ワクワクするよ。カラオケ歌おう!」


 私はわざと声のトーンを上げ、ハシャイで見せる。


「ねぇ、優香……」


「なぁに?」


「優香……無理してない?」


「えっ、無理なんてしてないよ」


 美子の言葉に、内心ドキッとした。


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます