【10】スキャンダルなんて怖くない? 摩訶不思議。

80

 ―東京―


 時刻は午後十一時。

 私達はまだ離れたくなくて、矢吹君のマンションへ一緒に帰る。


 矢吹君のマンションから、自宅に電話を掛けた。


「ママ、東京に戻ったけど、東京駅で偶然高校の友達と逢ったんだ。久しぶりだったから話が盛り上がって、今日その子の家に泊まることになったんだ。だから、今日は帰らないから」


『まあ、外泊するの?迷惑じゃないの?』


「うん。独り暮らしだから大丈夫」


『わかったわ。恵ちゃん、元気だった?』


「うん。まだ完治はしてないけど、元気だったよ」


『そう。安心したわ。じゃあね、おやすみなさい』


「はい。おやすみなさい」


 ママに嘘をついた。

 ごめんなさい。


 でも……

 今夜は矢吹君と一緒に過ごしたい。


「ごめんな。親に、嘘つかせて……」


「ううん、違うの。私が矢吹君と一緒に居たいの」


 恵太と美咲さんに影響されたからじゃない。矢吹君のことが大好きだって、わかったから。


 矢吹君の広くて大きな胸に、小柄な私はすっぽりと包まれる。


 矢吹君は私を優しく抱きしめ、キスを落とした。


 何度も重なる唇が、優しくて……あたたかくて……。


 息をつく暇もないくらい……激しくて……。


「優香、シャワー先に使う?」


「……うん」


 矢吹君の気遣いが嬉しくて。


 ――どうしよう……

 初めてじゃないのに、またドキドキしてきた。


「また、なにか悩んでるのか?わからないことは何でも聞いて」


 ――矢吹君のちょっと意地悪な顔……。


「優香のそんなところも可愛くて、全部好きだよ」


 ――耳元で囁く、甘い声……。


 抱きしめられただけで、死んじゃいそうなくらい、私の心臓は猛ダッシュで走り出す。


 矢吹君の腕の中で……


 甘い吐息を漏らす自分が恥ずかしい。


 愛してる……


 あいしてる……


 アイシテル……。


 何度も何度も、心の中で……呟いた。


 この幸せな時が……


 永遠に続くと……


 信じて……。



  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます