74

「……あっ、はい」


 私は彼女の迫力に圧倒され、あやふやな返事をする。


 彼女は振り向き、病室に視線を向けた。


「恵太!愛しの優香ちゃんやでぇ!」


 愛しの優香ちゃん!?


 この人……だれ!?


 病室を覗き込むように視線を向けると、ベッドに横になっていた恵太と視線が重なり、照れ臭そうに笑った。


 そして、隣に立っていた矢吹君に視線を向け奇声を発した。


「あ゛ーっ!や、や、矢吹!?」


「よっ、中原。暴漢に襲われた傷は大丈夫か?久しぶりだな」


「……お前、よくもヌケヌケと……」


 矢継ぎ早に問い掛ける矢吹君を、恵太は睨み付けている。いや、固まっていると言った方が正しい。


 その険悪な雰囲気を察してか、彼女がせっつくように恵太に声を掛けた。


「なぁ恵太、うちのこと、はよ紹介してんか」


「へっ……?」


 矢吹君を見て固まっている恵太に、彼女が甘えるように流し目をした。恵太は、まるで蛇に睨まれた蛙だ。


 そのただならぬ雰囲気に、私は矢吹君と顔を見合わせた。


「わかってるって。ごほん、んっと……彼女は浪速警察署地域課の城田美咲さん、俺と同じ警察官なんだ」


 恵太はすでにしどろもどろだ。

 額には薄らと汗が滲んでいる。


「なんやそれ?うちら、ただの同僚やないやろ。うちのこと『好きや』言うたやんか」


「……ぐっ」


 恵太は苦虫をかみつぶしたような、渋い顔をしている。


 彼女はそんな恵太に、お構い無しに言葉を続けた。


「うちな、恵太のやねん。よろしくね。優香ちゃんのことは、恵太から話しを聞いてるで。仲ようしてな」


「はっ……?恋人?」

「えっ……?恋人?」


 私と矢吹君は同時に声を上げた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます