66

 俺は慌てて交番から飛び出し、歩道に突っ伏しているスーツ姿の男に声を掛ける。


「大丈夫ですか?」


 スーツ姿の男の脈はある。唸ってはいるが、意識もあるし命に別状はない。


「傷害の現行犯で逮捕する。交番で話を聞かせてもらおうか。その前に、マスクを取れ」


 迷彩服の男に声を掛ける。


「俺の邪魔をするな。警察官に用はない。殺さなかっただけいいと思え」


 淡々と語る男。上着のポケットからサバイバルナイフを取り出した。


 嘘……だろ?

 何で、サバイバルナイフなんて出すんだよ。


「そ、そんな危険なもの早くしまうんだ」


 こんな状況に遭遇したことは一度もない。酔っ払いの喧嘩で、刃物を目にしたこともない。


 こいつはテロリストなのか……?

 それとも精神に異常をきたしているのか……?


「は、話を聞かせてくれ。だいげんすいって、何だ?捜している人の苗字か?俺は警察官だ。失踪者なら捜査協力してやる。だから、ナイフは収めろ」


 迷彩服の男がナイフを持つ手を下げた。

 奇妙なことに、その手も毛むくじゃらで獣の手のようだった。まるで、SF映画の特殊メイクのようだ。


 ――その時、俺の背後で声がした。


「さっさと、やらんかい!」


 倒れていた男が、迷彩服の男を挑発する。


 迷彩服の男は、サバイバルナイフをくるくると指で回転させ、不敵な笑みを浮かべた。


 男がサバイバルナイフを強く握った。その鋭い刃先はスーツ姿の男に向けられた。男の足がアスファルトを蹴り、一瞬体が宙に浮く。俺はサバイバルナイフを奪い取ろうと、迷彩服の男の前に立ちはだかる。


「やめろ――!」


 ――男の体と俺の体が激しくぶつかる。

 ドスンと脇腹に鈍痛が走った。


「うっ……。な、なんで……」


 迷彩服の男が、俺の体を突き飛ばし走り去る。まるで瞬間移動するみたいに、数メートル先、数十メートル先、その姿はあっというまに消えてしまった。


 俺は男の姿を目で追いながら、ペタンと歩道に座り込む。


 ――ポタッ……ポタッ……


 脇腹にヌルリとした感触……

 何かが、ポタポタと歩道に落ちた。



  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます