57

 ふわっと矢吹君の両腕に包まれた。

 それだけで、キュン死しそうだった。


 矢吹君は座っていた私を抱き上げた。


 驚いた私は閉じていた瞼を開く。


「やっと、俺を見てくれた」


 唇が触れてしまいそうな至近距離に、矢吹君の優しい顔があった。


 恥ずかしくて、矢吹君の首にギューッとしがみついた。


「首を絞めたら、く、苦しいよ」


 矢吹君が苦痛に顔を歪め呻いた。


「……ご、ごめんなさい」


「ククッ、冗談だよ。ガチガチに緊張してるからちょっとふざけてみただけ。本当はギュッとされたら嬉しいよ」


 矢吹君は私の額にチュッとキスをした。


「……矢吹君の意地悪」


 本当に苦しんでると思ったんだからね。

 でも……矢吹君の冗談で、体の力が抜けたんだ。


 ゆっくりベッドの上に下ろされて、矢吹君は私に優しいキスを落とした。


 その大人なキスに……

 一年前のあの日のキスが蘇る。


 矢吹君は……

 どうしてこんなに落ち着いてるの?


 私はまだ……

 心の準備が整っていないのに。


 もしかして……

 また……別れるつもりなのかな。


 だからこんなに……

 優しいの?


 どうしよう……

 涙が溢れてきた。


 別れるつもりなら……

 抱かないでよ。


「泣かないで。抱けなくなっちゃうだろう」


 矢吹君は笑いながら、私の涙を指で拭った。


「だって……矢吹君がまたいなくなっちゃうんじゃないかって、また消えちゃうんじゃないかって……ふえっ」


 私……なに言ってるんだろう。

 自分でも恥ずかしくなるくらい、言ってることがグダグダだよ。


 大人になった私を見て欲しいのに。

 子供みたいに、泣いてばかりでみっともない。


 矢吹君は私の頭を優しく撫で、微笑みかける。


 そして……私の唇を優しく塞いだ。


「逢いたかったよ。ずっと、優香を抱きたかった」


 耳元で囁かれた甘い言葉は、未経験の私には刺激的過ぎて。呼び方が『上原』から『優香』に変わったことで、トクントクンと鼓動は速まる。


 矢吹君のキスは首筋に移動し、チクンと痛みが走る。私の洋服も慣れた手つきで、脱がしていくんだ。


 矢吹君の腕の中……

 初体験の不安も緊張も、次第に解けていく。



  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます