14

「だからね、大人しくしてなきゃダメだよ。暴れて傷口が開いたら大変だからね」


『うん、わかったよ。大人しくする』


「うん、これでチョコの部屋の掃除はOK、次は豆太ね」


『……ま、待って』


 豆太はまだケージの隅でブルブル小刻みに震えてる。


「まだ、私のことが怖いの?」


『い……いや……びっくりしてオシッコちびっちゃった』


「そっか。驚かせてごめんね。そんなこと気にしなくていいよ。今から掃除するからね」


 私は豆太を抱き上げ、ケージの外に出す。豆太は恥ずかしそうに汚れた洋服を取り替え、私を見つめた。


『ねぇ、平気な顔してるけど、僕らの声聞いて驚かないの?』


「うん……。前はね、びっくりした」


『前って?初めてじゃないの?』


「うん、一年前にもちょっとね」


『すご~い。優香って特殊能力があるんだね?』


「ふふっ、特殊能力?わかんないよ。豆太の部屋も綺麗になったからね。いいウンチ出てる。下痢も嘔吐も治まってきたね」


『うん。今朝も朝ご飯ちゃんと食べたよ。でもドロドロのご飯はもう飽きた。そろそろ普通のドッグフードが食べたいな』


「これならお昼は普通のドッグフードでOKかも。あとで先生に診てもらおうね」


『まじで?まじで?』


「うん」


『やったぁ〜!注射もなしだよね?』


「うん、多分大丈夫だよ」


 豆太は小さな体でぴょんぴょん飛び跳ねながら、無邪気に笑った。生意気な児童だと思っていたけど、豆太は可愛い男の子だ。


 私はヨークシャーテリア、シーズー、雑種の仔猫、シャム、アメリカンショートヘアに同じように話し掛けながら、ケージの掃除をした。


 シャムの名前はわからない。人間なら推定三十歳くらい。人間不信で凶暴。数日前、右足を負傷し弱っているところを保護された迷い猫だ。

 怪我は完治したが、飼い主が発見されるまで保護している。


 アメリカショートヘアの名前もわからない。人間なら推定二十歳くらい。鋭い眼差し、瞳は深いブルー。不思議なことに、シャムのあとを追うように病院に迷い込んだ。


 アメリカンショートヘアも飼い主が発見されるまで保護しているが、もしかしたら、二匹の飼い主は同じ人物の可能性もあると、先生は推測している。二匹ともこちらに背を向け顔を見せない。でも着用している服はよく似た黒い服。


 雑種の仔猫の名前はタマ。

 生後三ヶ月くらいの野良猫で、弱っているところを保護された。献身的な介護と点滴で元気回復だ。


 この病院の獣医師は野良猫や野犬を保護しては、インターネットで里親を探し譲り渡している。先生は保健所の殺処分ゼロを目指し、慈善活動もしている。


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます