読まれない小説を機嫌よく書く方法

作者 ピクルズジンジャー

自分の機嫌を取るために

  • ★★★ Excellent!!!

コメントの数・応援の数・☆の数。
そういった数の大きさで、評価や名声の『量』をはかることはできる。
だが、その数値と『自分の機嫌を取れているか』という満足感は、必ずしも比例するわけではない。

ひたすらに自分を殺して周囲の風潮に迎合すれば、もしくは読者の好みを分析すれば、おそらく一定の数値を得ることは可能なのだろう。
それで「俺は数字があればいい!」と、完全に開き直ることができるのならば、何も問題はない。

でも、自分の心に嘘をついて作品を手掛けているのなら、自分の機嫌を取ることはできない。数字が増えたという『刺激』を求めるあまり、『書くことができた満足感』という静かな幸せを失ってしまう。
最悪の場合「何でその物語を書きたかったの?」という、そもそもの理念を見失ってしまい、いつかは作品を手掛けること自体が、ほとほと嫌になってしまうかもしれない。

……ならさ、やっぱり『好きな内容』を『好きな文体』で『好きなように書く』のが一番だよ。自由の利かない商業作家でもない限りは、まず最優先するべきは自分の気持ちだと思うんだ。

たとえ読まれなくても、自分の機嫌を取るために。
たとえ評価されなくても、自分が満ち足りるために。
たとえ無意味な作品だと批判されても、自分が幸せを感じるために。

好きなように書くことが、何よりも大切だと私は思う。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

居間正三さんの他のおすすめレビュー 1,357