どうやら(家ごと)異世界に迷い込んだようです。

作者 二徳