第54話 旅立ち 40

部屋の中は闇に包まれた。



外からは、ふくろうの鳴き声が聞こえる。



家のなかからはリヌクのいびきが響いてきた。



真っ暗闇の部屋で青く小さな光が輝きだした。



なかなか寝付けないパドスがつけたのだ。



パドスは、そのランプを出窓のところに持っていって、その窓の下のほうにある小さなテーブルにのせた。



ランプの光が窓周辺の限られた視界を映し出した。



窓ガラスには、小さな虫たちが光に集まってくる。



パドスがその虫たちを見ていると、突然バサッという音が聞こえてきた。



次の瞬間、突然ガラスが割れて、その破片が部屋の中に飛び散った。



窓からパドスよりも大きな鳥が入ってきた。



先ほどの音は、この鳥のものだったのだ。



その鳥は、部屋の中でパサッバサッと何度も翼の音を立てている。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます