第40話 旅立ち 26

スライムの動きが一瞬止まった。



その瞬間、リヌクの短剣がスライムにすばやく向かっていった。



短剣は、スライムの体に突き刺さり、その奥深くのめりこんでいった。



そこで、一瞬リヌクの手は止まった。



短剣がスライムの体内に突き刺さったのはいいが、赤い心臓まで届かなかったのである。



彼の一撃によってスライムの体から粘液が飛び散って、リヌクにかかった。



リヌクは、うめき声を上げた。



そのうめき声と同時に、剣とともにスライムの体内に入り込んだ右手にさらに力が入った。



リヌクは決して剣から手を離すことはなかった。



すると、スライムの透明な体全体が真っ赤になった。



剣先がスライムの心臓部に達したのだ。



リヌクは、すぐに剣を引き抜いたあと、地面に倒れた。



真っ赤になったスライムは、もうびくともしない。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます