第2部 第14話⑥「キングスライムキャッスル第三階層 その②」

注意

今回はほぼ、希里花メイン。

____________________________________________________________

11


「……っ! このやろーっ!」

加賀谷くんが倒れたのを見て、真っ先に結衣奈ちゃんが飛び出し、呪文を唱え始める。

「結衣奈ちゃん!」

呪文を唱え終わったのか、軽く瞳を閉じ、手に神経を集中させているのが分かる。

「みんな! 3mくらい下がって!」

「……でも!」

「良いから!」

「……分かった。」

そして彼女は、一度、大きく息を吸う。

「メイクソード・アンドトランスファー!」

その瞬間、彼女の後ろから、複数の剣が飛び出し、その剣は、スライムの身体に降り注がれた。

まるで、剣の雨でも降っているかのような光景で、剣が床に次々と絶え間なく突き刺さっている衝撃もあってか、軽く床から振動を感じる。

そしてしばらく経つと、攻撃が終わったのか、床の僅かな振動が消えた。

「ふう。ふう。こんな感じで……、倒せたかな……?」

彼女はずいぶんとMPを消費したようで、少し脚がガクガクと震え、魔法の杖をに手をかけ、倒れないように体を支えていた。

そういえばキングスライムは倒せたのだろうか。


ベチャッ。ベチャッ。


……いや、まだ倒せてない。

まだHPは、50000もある。

「クソぉ……。絶対……。絶対許さない。」

「イリシアちゃん。それとグリちゃん。結衣奈ちゃんを岩陰に。」

「わ、わかりました。」

「わかったよー。」

「ふえっ? ちょ、イリシア!? グリ!? 何なの、どこに連れてくの! ちょっと待ってよ!」


「キングスライム……。私はあなたを、絶対に許さない。……まあ、後で再生リロード出来るけど。……と、とにかくあなたを絶対に倒す。」

今ね私、加賀谷くんのマネして決め台詞言おうとしたんだけど、やっぱりダメだったわ。


12


えー。

まず、一階と二階の攻撃方法を確認しておいた方がいいのかしら。

でも、確かどっちも、同じ攻撃方法だったような……。

まあいいわ。

そうだ。この機会だし、あの魔法使っておいた方が良いかも。

たしか属性は光の魔法。

とりあえず呪文を唱えましょう。

「re getta of the healing and bob resident」

それで、えっと、発動コマンド。

「デッド・レジデント!」

その瞬間、キングスライムは白く淡い光に包まれ、中で何が起こっているのかは分からないが、グチョッと音がして、光が消えた時には既にHPは6000程度まで減っていた。

大丈夫だ。これなら勝てる。

そう思った私は、いつも通りに、あの魔法を放った。

「ダークフレイム・ヴィントストーム!」

その瞬間。

赤と橙の光を纏った風が杖から飛び出し、キングスライムを吹き飛ばした。

その攻撃はなんと、一気に1000000という数値をも軽々と越える大ダメージを与えた。

こうして合計3607954ダメージを与え、約3時間にわたるクエストは終了を迎えたのだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます