第2部 第3話「逃走」

1


とある森の中。

「はあ、はあ、はあ。」

僕は……僕は、僕は……

僕は……誰だ?

さっき、男の人に会ったんだ。

そしたら、いきなり口が疼きだして……


ガブリ。


気がついたら、その人の首筋に歯を突き立てて、血を飲んでいたんだ。

そしてその男の人は……

血を失って、死んだ。

僕は……僕は、一体……。





僕は……、一体何を……?





森がざわめきだし、木葉が舞い落ちる。

そして……、



「あっ! グリ! ここに居た!」

グリ……?

それが僕の名前なの?

「全く。魔王さまに、『夜以外に外に出るな』って、前から言われてるじゃない。」

その人はそう言って僕の手を掴む。

「あ……、あの……。」

「さっ。お家に帰りましょ。」


2


「どこか……、逃げる……所は……?」

マズイマズイマズイマズイマズイ!

あいつら……、馬使ってやがるから、めっちゃ速いんだ!

「くそ……何処か……何処か、逃げる所は無いのか……?」

そんな時、この町に来たばかりと思われる、横の店の中から出てきた少女たちの会話が耳に入る。

「――――ちゃーん!わたし、森にごはん落として来ちゃったみたいなの!」

「本当ですか!――――ちゃん!すぐにとって来ないと!」

森……?ここらに森が在るのか。

そんな少女たちからヒントを得て。森を探すことにした。


3


「――ってことで、森を探そう。」

僕は走りながら皆にそう告げた。

「ええ!? こんな状況で!?」

皆はそう言って顔を見上げた。

「大丈夫。森は広いから、奴らはそのうち道に迷って出られなくなるし、木も沢山あるから、いざというときに役に立つって。」

「そうだけどさぁー。」

と、希里花さんとイリシアが言った。

そこで結衣奈が。

「た、多分それなら私が見付けられるわ。」

と言った。

「げっ! 結衣奈!? ……なんで?」

「周囲探索魔法があるのよ。」

そう言い、結衣奈はポケットからそれを取り出す。

「あの……、結衣奈ちゃん。それって……。」

希里花さんが呆れた表情でそれを見る。

そんな希里花さんに対して、結衣奈は、

「そうよ地図よ! ……悪い!?」

と、怒った口調で言った。

「それどこで見つけたの?」

希里花さんがそう聞くと、結衣奈はそれに対し。

「さっきゴミ箱で。」

は?こいつ今なんてった? 完全にゴミ箱って単語が聞こえたんだけど。

え? マジ? それほんと?

「うわキッタねえ!それ捨てろよ!」

そんな僕の発言に対し、

「ヴッ……! 待って! 一応場所を調べられるんだし、もったいないわ!」

と言った。

? 「ヴッ……」ってなんだ?

「はあ。……分かった。……その代わり! 場所を調べ終わったら、さっさとそれ捨てろよ!」

僕がそう言うと、

「……はーい。」

そう、結衣奈は声のトーンを少し暗くして言った。

「で、森はどこにあるんだ?」

「ああ。……今、私達はここにいるから……!?」

「?」

「反対の方向よ!?」

「は!?」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます