第91話 煉獄の炎

 街が燃えている。

 煉瓦造りの小さな建物、その扉が焼け落ち炎が吹き出す。

 ふと、そこの住人の日常が幻覚となって見えた気がした。

 慎ましく生きる家族。玄関から出入りする姿、幸せそうな日々……。


 幻覚は、さらに大きくなった炎が燃やして消した。


 交易都市と王都の中間、湿地帯を目指していた俺達は、先頭を行くジャンヌの勢いにつられ、目的地とはかけ離れたこの街に来てしまった。


 名も知らぬ小さな街、遠方から見たときには、既に煙が上がっていた。


 一刻も早く、王都に向かいたかった俺は、もちろん彼女を咎めたが、無視された。


 腹が立ったが、間違っていたのは、俺だ。


 騎士達は雄叫びを上げ戦っている。

 ジャンヌは、縦横無尽に戦場を走り、旗を槍のように操り奮戦をしていた。

 チビは、素早い動きで敵を翻弄し、確実に仕留めている。


 しかし、事態は一向に改善されない。

 戦場は街全体に広がっていた。敵も多い、恐らく万を超えている。さらに、街の外にも、大きな気配、恐らくそれが本隊に違いなかった。


 理性は本隊を叩けと訴えている。

 しかし、心が、それを拒み、身体が本能のまま動く。


 すぐに、陣形を失った俺達は、感情のまま、泥沼の市街戦に突入していた。


 だが、それは仕方がない……、この惨状を見て、心を動かさない者は人では無い。


 炎が街を食い尽くそうとする音、肌に感じる痛い熱、煙が目にしみ、同時に息苦しさを感じた。

 五感が塞がれ、何かを訴えかけてくる。


 それでも、殺意を帯びた生き物の気配……、敵だ。


 振り向かず、呆然と前を見つめたまま、俺は、杖を無造作に自分の死角へと動かした。


 そこに、何者かの刃がぶつかる、甲高い金属音が鳴り響く隙すら与えず、そのまま振り抜いた。


 帝国の兵士だろう。そのまま、それは、燃え盛る別の何かにぶつかり、新たな瓦礫を生み出したようだ。


 奴らが、死のうが知ったことでは無い。

 自業自得だ。


 だが、この街に住む人々は違う……、巻き込まれただけだ。


「酷い……」

 自らが発した言葉が耳に入り、己の愚かさが身にしみる。


 これは、喧嘩では無く、戦争なのだ。

 喧嘩なら被害は当事者のみに限定される。

 だが、戦争は酷い、そこから生じる残酷な仕打ちは、避けることが出来ない。


 交易都市の難民達の顔が浮かぶ。

 彼らの帰るべき街の一つが、今、正に、燃えている。


 炎が街を蹂躙する。

 築き上げた全てを燃やす。

 帝国兵が街に火を付けたのだろう。


 小さな子供の泣き声、しゃっくりが混じる涙の叫び、すすで汚れた小さな顔が涙の雫で濡れている。可愛らしい縫いぐるみをしっかりと抱きしめ、小さな荷物を背負っていた。

 小さな小さな、その子は、必死に倒れている女性に呼び掛けている。


 幼い子が発する慟哭の叫び。


 彼の母親は返事をしない。

 彼女は血の海に横たわり、愛しい我が子の悲しみを癒すことなく息もせず、悪夢にうなされ、表情を歪め半身を傾け横たわる。


 側に帝国兵を見つけた。

 刃を持つ手が震えている。

 どうやら、子供にとどめを刺すのに躊躇しているようだ。


「殺してやる」

 身体が内から熱くなるのを感じる。

 燃え盛る炎に負けない感情が胸の奥で産声を上げた。


 気がつけば、子供と帝国兵の間に割って入っていた。

「ひっ」

 悲鳴を上げ、帝国兵が後ずさりする。

 恐怖に歪む彼の顔。

 それが腹立ち、杖を叩くようにぶつけ、潰した。


 子の前で親を殺すような鬼畜が、恐怖などという感情を持つこと事態、おこがましい。


 頭を失った帝国兵の胴体が血飛沫を上げ、一、二歩彷徨うと、地面に伏した。


 女性と帝国兵が生み出した血の海が混じり大きく広がる、それはやがて俺の足元まで達していた。


 泣き止まない子供をしっかりと抱きしめる。

「お母さん、お母さん……」

 丸みを帯びた可愛らしい手で、この子は母親の服を掴み離さない。


 離さないのだ……。


 髪の毛を撫でてやる。子供の涙を服の袖で拭く、大きな瞳、よく手入れされた髪だと、俺の指先が教えてくれた。

 親の愛情が一杯詰まった、ふっくらほっぺの女の子だと気づく、だって、母親の顔は、お世辞にも栄養が行き届いているとはいえない……。


 小さな声で、理を、捻じ曲げる呪文を詠唱する。

 総魔力の八割を消費する回復魔法の頂点、神話級の【死者蘇生リヴァイブ】は静かに発動した。


 母親が柔らかな光に包まれる。

 血の海が彼女の身体に帰っていた。

「お母さん?」

 女の子は、泣くのをやめた。


 なのに、なのにだ!


 母親の身体は、生前を取り戻したのにだ!


「ごめんなさい、ごめんなさい、ごめんなさい」

 ただひたすら、女の子に泣いて謝る事しか、俺には出来なかった。


 生きているような姿で、死んでいる母親……。


 そんなものは、女の子が死を受け入れるのを妨げるだけだ。


「お母さん、ねぇ起きて、起きてっ!」

「ごめんなさい、ごめんなさい、ごめんなさい……」

 謝罪を邪魔する多数の気配、

「邪魔をするな!」

 俺は、鬼の形相だったに違いない、邪魔する者は全て……、微かに残った理性が、それを止めてくれた。


 レティーシアが、覆い被さるようにして抱きついて来たからだ。

「ソフィア、ねぇ、ソフィア大丈夫?」


 女の子は、泣き止んでいる。

 きっとそれは、母親が生きていると思っているからだ。


 俺の顔は、涙で、くしゃくしゃになってしまう。

「ねぇ、わたし、酷いことしちゃった!」

「大丈夫、大丈夫よ」

 レティーシアは優しく、こんな俺を包んでくれた。


 彼女は、俺と女の子を優しく包んでくれる。


 バーナード団長は、そんな時間を作るため、必死に剣を振るう。

 ジャンヌも、チビも、必死で戦っていた。


 女の子をレティーシアに任せ、俺は立ち上がる。

 銀髪から炎の燐光がうっすらと浮かぶ。

 身体が熱い。


 熱い、熱い、熱い。


【炎の聖歌隊フレイムクワイヤ】が発動した時と同じ、炎の羽が背中に生えた。


 煉獄の炎が、この身を焼く。

 それでも、涙は枯れない。


 今なら、無詠唱で奴らが呼べる。

【炎の聖歌隊フレイムクワイヤ】、奴らは全てを滅する筈だ。


「ソフィア、ねぇ、ソフィ、しっかりして!」

 レティーシアの声、それが俺を踏み止ませる。

 多分、戦争に関与する者全て俺は憎いと思っている。

 だから、【炎の聖歌隊フレイムクワイヤ】は、騎士団も襲うだろう……。


 だから、駄目だ……。


「大丈夫よ……、こんな戦争、すぐに終わらせる」

 空へと飛び立つ、街を燃やす炎が全て追従し、俺を焼く。


 奴らに、無慈悲な報復を……。


 街の外、この元凶に違いない者たちを標的に定めた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます