第35話 聖者の祈り 前編

 上空に覆い被さる古代樹の葉によって、輝きを増した陽光が、傘下の森に惜しみなく降り注ぎ、豊富な植物や花を育んでいた。


 その為、生き物も多いようで、様々な鳴き声が響き合い、とても賑やかに感じさせる。


 古代樹の森は、とても豊かで騒がしかった。


「もう少し、早く来れなかったのか」

 もっとも、一番の原因は、合流した時から、遅い、遅いとうるさい、この青年のせいだ。


 レナード・デューク、男爵であり、この辺りの領主を務める青年だそうだ。


「もう少し早く来れなかったのか?」


「レナード、君達が来る事を、俺達は聞いてないぞ」

 もっぱら、相手をしているのは、同年代のジークフリードだ。


「俺は、お前らが、依頼を受けた事を聞いていた」


 レナードは、ギルドから俺達が攻略に向かった事を聞いたらしい。


「しかし、こんなに遅いとは思わなかったぞ」

 身体はデカイが、レナードは、しつこい。


「君が来ることは、聞いていない」

 我らがジークフリードも負けなていない。


 このように、レナードとジークフリードは、合流した時から、微妙に噛み合わない話をお互いに、飽きずに続けている。


「ねぇ、あのうるさい男、何とかならないの?」


「諦めろ、あと、お前も、うるさいから同類だろ」

 エドワードに耳打ちしたが、まったく、頼りにならない上に失礼な男だ!


 ジト目でエドワードを睨んでいると、救世主が現れた。


「レナード様、そろそろ、我らの紹介もお願いします」

 壮年の戦士が、不毛なやりとりに終止符を打つべく動き出したのだ。


 肘でエドワードを突き、


「流石、戦士のおじ様は頼りになるわね、好きになりそうっ」

 きやっと再び嫌味を耳打ちしたが、石のような表情で無反応だったのでつまらない。


 部下から進言された、レナードは、


「それも、そうだな、お互いを知っておかねばなるまい」

 と案外素直に受け入れた。


 ていうか、自己紹介は、出会った時にやれよ、気付くのが遅いぞ!


 そもそもレナードは四人の部下を連れていた。


 黒いローブを羽織った少年、少女と、壮年の戦士、若い剣士だ。


 ふと戦士が目で合図を送る。黒ローブの少年が応えたようにして、質素な杖を掲げ、そのまま地面に真っ直ぐトンと着ける。


 空気が緊張し、彼のささやかな魔力の広がりが感じられる。


 どうやら、索敵をしたらしい。


「いけません、前方に強い魔獣の気配です」

 少年の声は緊張で上擦り、再び、目を閉じ、探りはじめた様子。


 俺も、魔力を前方にほんの少し伸ばしてみる。


 先日の一件で、何となく索敵ができるような気がしたからなのだが、


 キンと広がった魔力は、少年のそれを打ち消してしまう。


 少年は、驚いた表情で、「凄い……」と小さな声を漏らした。


「ごめんなさい、邪魔するつもりは無かったのよ」

 すかさずペコリと謝罪するも、

「別に、良いですよ、それで、何か分かりました?」

 とキラキラとした無垢な瞳が成果を求めてきた。


 初めての索敵だが、天才の俺には、はっきりと視えてしまった。


 前方にいる魔獣は、巨大な虎のような容姿で、額には立派な角、何より体表にはいかづちが走り輝いていた。


「たいした奴じゃないわ、ただの雷獣よ」

 雑魚だな、ロクなアイテムもドロップしないだろう……、ゴブリンよりはましだが……。


「本当ですか!」

 少年は驚き、仲間達に緊張が走る。


「いきなり雷獣とは、腕が鳴る」

 レナードは、剣を抜き、両手で構え、やる気に満ち溢れている。


 そういえば、雷獣は、レベル三十で互角だったけ、ジークフリードは、何とかなるけど、他は、レベル二十前後か……。もちろん、レティシアとクララは論外だが……。


 誰かに、怪我されても面倒なので、ヘルメスの杖を取り出した。


 姿を現わす前に、一撃で仕留めてやる!


「たまには、仲間を信用してみたら」

 横に来たシルフィードが止めに入った。


「何するのよ!」

 怪我したら大変だろ!


「あれぐらい、ジークがいるから大丈夫よ」

 彼女は余裕の表情だ。


 そういえば、これから戦闘なのに、ジークフリードの側に彼女はいかない。


「じゃ、支援ぐらいしても、いいわよね」

 彼女には自信があるらしいが、それでも、黙って見ているだけ、なんてできない。


「仕様がないわね」

 俺の頭を撫でてから、彼女は許してくれた。


「レティーシア、チビ、こっちに来て!」

 一番弱いレティーシアと、前衛のチビを側に呼んだ。


 チビを参戦させたら、やはり、瞬殺してしまう。

 あいつガチだからな……。これは、ガチロリという意味では無い、前衛としてだ。


 それから、急いで、杖を地面に刺し自立させ、胸の前で手を組み、意識を集中させる。


 ヘルメスの杖は、程なく、全体が燐光を発し、杖頭の二枚の羽が大きく開きはじめた。


「我が、無垢なる願い、献身の祈り、同胞はらからへ、とどけ、ととげ!」

 神話級、全体強化防御魔法、【聖者の祈り】を発動させた。


 強化対象者の防御力(物防、魔防)を上昇させ、かつ、を無効化、


 その効果は、術者が祈りをやめない限り継続・・する。


 ソフィアが祈りを捧げると、仲間達は、ほのかに淡く輝きはじめた。


 皆には、一心不乱に祈る彼女は、とても神聖で不可侵な存在、そのものに見えた。


「あれが、姫様のお抱えの魔女か……、まるで、天使だな……」

 彼女の姿を見たレナードが、感嘆の声を漏らした。


「気を抜かないで下さい! そろそろ来ます!」

 エドワードが忠告するまでもなく、皆の意識は、前方の異様な光景をしっかりと捉えていた。


 無差別に轟き走るいかづちを引き連れ、凶悪な角を生やした巨大な獣が、その身に相応ふさわしい歩調で、悠々と距離を詰めて来る。


 絶望を撒き散らす獣が踏み出す度に、バリバリと空気は悲鳴を上げていた。


「ダグラスは、俺と来い! 残りは、姫様を守れ!」

 レナードの指示に従い、壮年の戦士が駆け出し、残りは、レティーシア姫を中心に陣形を組んだ。


 レナードと、ダグラスと呼ばれだ戦士は、勢いを増しながら、雷獣に接近していく。


 ジークフリードは、エドワードを見つめ、指示を促す。


「ジーク様と私は、雷獣を、クララ様は、レティーシアの側にいて下さい」

 レナード達に遅れ、エドワード、ジークフリードの二人も雷獣に立ち向う。


 元々、ジークフリードと俺、両者の戦闘力だけで編成されたパーティだ。


 祈りながら見る、彼の背中は、何処か不安げに見える。


 その様子に、祈りに力が入り、杖の輝きがました。


 同調するように、仲間達の輝きが増す。

 みんな、信じてるぜ、ドーンと雷獣をぶっ飛ばして来い!


「エド、すまんが、雷獣は、俺が仕留める!」

 ジークフリードは、背中の大剣を抜くと、一気に加速し、レナードを追い抜いた。


 人の領域を超えた彼の速さと一撃は、見事に、雷獣にとどいたように見えた。


「ちっ、存外に、硬いな」

 ジークフリードは、舌打ちをし、素早く距離をとった。


 雷獣は、背を撫でられた事で、はじめて敵を認識し、輝きが増すと共に、咆哮をあげる。


 空気は、恐怖に怯え、震撼していた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます