旅立ちの物語

第27話 冒険者ギルド

 母さん、今、僕は、憧れの場所の目の前にいます。


 そうです、幼い頃から憧れていた職業、その職業には必須の場所です。


 あぁ、なんて、見すぼらしいボロい建物なんだ!


 お金の匂いをまったく感じさせない、質素なその建物は、いや、廃墟は、清貧、いやいや、貧乏という言葉こそ、相応しい……。


 夢とは、儚いものですね……、母さん……。


 ゴン、


 エドワードが俺の頭を殴った。

「何、突っ立てる、行くぞ、田舎者」

「何よ、そこに、【冒険者ギルド】って書いてあるじゃない、あなた、字、読めるの?」

 ちゃんと看板に書いてあるぞ、エドワード、お前、馬鹿なんじゃないのか?


「ちゃんと読め、慌て者!」

 呆れ顔で彼は指摘した。


 むむむ、


 なになに、

「ぼ、う、け、ん、しゃ、ぎ、る、ど」

 俺は、エドワードをキッと睨み、


「冒険者ギルドって書いてあるわよ!」

 バーカ、バーカとエドワードの背中を強く叩く。


「よく見ろ、馬鹿者!」

 また、馬鹿って言ったな、俺だって、気にしてるんだぞ!


「ソフィアさん、隣の看板」

 テテテっとクララが、廃墟の、いや、冒険者ギルドの方に駆けて行く。


 彼女の指差す看板には、

「移転しました」

 と書かれていた。


 二つを合わせると、

「冒険者ギルド移転しました」


「何よ、これ! 馬鹿にして!」

 くそっ、燃やしてやる、杖はどこじゃ、杖は!


 地を這う風がスカートを襲う、

「きゃっ」

 その程度の風では、俺の絶対防御は崩れないぞ! いろいろ反省して、俺も女子力を高めるのに余念がない。


 そして、なんで、エドワードが目を逸らしてるんだよ! 絶対、見えてない筈だろ!


 それにしても、ピンポイントとはやってくれる。


「おばさん、何するのよ」

「ガキが、火遊びをしようとするからよ」

 ジークフリードの腕に絡まりながら、ベーと舌を出しているのは、風の大精霊、シルフィードだ。


「だいだい、なんで、あなたまで来てるのよ!」

「私はジークと一心同体なの!」

「まぁまぁ、二人とも仲良くして」

 仲裁に入ったのは、ハーレムリーダー気取りのジークフリードだ。


「何よ、女たらし、馬鹿っ!」

 ポンコツな言語補正が憎らしい……。


「ご主人の早とちりっっ」

 フェンリルの化身、チビが俺の頭をヨシヨシと撫でてきた。


 おぉ、貴様、飼い主気取りとは、大層なご身分だなぁ。この、ケモ耳、ロリ巨乳の犬ころめっ!


「ソフィアと一緒にいると、にぎやかで飽きないわ」

 うふふ、とレティーシア姫が笑っている。


 当初、姫は、このパーティには、参加しない筈だった。


 ニーベルン城は、安全だからだ。


 だが、彼女は、辺境伯に参加を直訴した。


 それが、辺境伯の親父を喜ばせたらしい……


 こっちにも、人外が二人いるからな、エルフと大精霊、いや、フェンリルもいる、三人? そもそも、みんな、人間じゃない……、人外ってなんだ?


 そして、辺境伯の出した条件は簡単だった。


 姫としては、扱わない、


 たった一つ、それだけだった。


 簡単な条件だ!


 あいつも、馬鹿なのか?


 このメンバーで、身分にこだわるのは、エドワードぐらいだ。


 ニーベルン城を出立してからは、彼も、そのようには、決して扱わなかった。


 むしろ、それが、彼らしいとも言える。


 一番、大変だったのは、近衛騎士団の連中だ。


 彼らは、最後まで、姫と共に行くと主張していたらしい。


 騎士団が動くと、ユニコーン三百頭も、おまけで付いてくる。


 あいつら、最早、セシリア親衛隊だからな……、目立ってしょうがない。


 危険が増すだけだ。


 最後に姫が説得して、騎士団は渋々、ニーベルン城に残る事になった。


「ほら、置いていかれるぞ」

 エドワードに、腕の裾を引っ張られ、皆の後を追いかける。


 俺たちは、デューク男爵の治める、この町で、冒険者の登録をすることになっている。


 冒険者の資格は、身分を隠すのに都合が良いらしい。


 密かに王都の様子を探ってから、北部の軍と合流する。


 これが、俺たちの旅の目的だ!


 それにしても、帝国は【ホルス】という、立派な諜報機関があるらしいが、


「王国にそんなものはない」

 ガハハと笑い、辺境伯は自慢していた。


 あと、

「お前と、ジークで小国の一つ、二つは滅ぼせるぞ」

 と物騒な事をほざき、


「俺の方が、強いがな」

 と負け惜しみを言っていた。


 ハゲルの癖に、生意気な辺境伯だ!


「いつまで、引っ張ってるのよ、服が伸びるわ」

 我に返り、エドワードに注意する。

【リペア】で直らなかったどうすんだよ!


「す、すまん」

 エドワードは、慌てて裾から手をはなす。


 相変わらず、お前も、ポンコツだな。


「ソフィアは、本当に楽しそうね」

 レティーシアと、俺との間に風が吹き抜けていく。


 シルフィードの仕業だ。


 その証拠に、あいつは、あかんべ〜をしている。


 いちいち昭和臭いぞ! ばばあ!


 レティーシアと肩を並べ、冒険者ギルドに向かった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます