第26話 はじまりの物語

 

「直ぐに、王都に兵を向けるべきだ」


 一人の若い男の威勢の良い声が部屋全体に響き渡り、空気がキンと張り詰めた。


 声の主、彼の服装や身につけている装飾品は、派手さはないが、品があり、身分が高いことを証明している。


 王国の最大軍事拠点、


 ニーベルン城の会議室には、「王都陥落」の報せを聞いた王国西部の有力者が集まっていた。


 西部諸侯会議である。


 議題は、もちろん、「王の消息と王都奪還」である。


 王の消息については、確証はない、それ故に、生存しているという事で、意見は一致している。


 帝国は、その事に関して、沈黙しているからだ。


 それにしても、


「なぜ、帝国は、我が国との同盟関係を破棄した」

「なぜ、帝国は、二匹ものドラゴンを王女に差し向けたのだ」

「そうだ、王都に現れたドラゴンは二匹と聞いている、王女を襲ったのは主力だ」

 参加者の疑問、


 それは、当然の疑問だ。


 王国が目的なら、狙うべきは王の首、そして、王が逃げるべきは、難攻不落のニーベルン城であるべきだ。


 しかし、王は、レティーシア姫を、しかも、彼女は第三王女、王都には、王子も居たはずだ。


 それでも……。


 レティーシア姫を、ニーベルンに向かわせた。そのことは、王自身の身、つまり王国そのものよりも、姫個人の命を優先したことになるのではないか?


 それが、結果として、囮になったようだが……、ならば、なぜ、帝国は、王国そのものよりも、第三王女に固執するのだ。


 なぜだ……、それが、今、この場にいる者たちの共通の疑問だった。


「卿は、なにか、ご存知ですか?」

 初老の男は、真っ直ぐと、ニーベルン辺境伯を見つめている。


「それは、儂にもわからぬ。ただ、王は、ご存知なのだろう……、帝国が、レティーシア姫に固執する理由が……」

 もちろん、辺境伯は、その理由に心当たりがある。


 心当たり? いや、それは、確証だ。


 我々にその気が無くても、【鍵】の存在を隠した……、我々が【鍵は壊す】という古来の約定を守らなかった……、その事実、それが、あの臆病者を動かしたに違いない。


 帝国の本質、それは、臆病からくる疑心暗鬼、それ故に、戦力を増強し軍事大国になった。


 もはや、彼らに逆らう者など居ないだろうに……。


「そうか、なら、それは、王に直接、お伺いするとしよう」

 初老の男は、さも残念そうに溜息をついた。


 その様子に、再び、痺れを切らした者がいた。


「直ぐに、王都を奪還すべきだ!」

 年寄り達の問答を眺めていた青年が再び声を荒げた。


「王都を直ぐに奪還しなければ、王国の威信が無くなる」

 青年は、厚い大理石で作られた、重厚なテーブルに、何度も拳を打ちつけ、主張した。


 威信? そんなものは、大昔に、この国は捨てている。帝国との同盟関係が、この国を存続させていたにすぎない。


 そのことは、ここに、いる者ならば、知っているべき事実だ。


 しかし、若いな……、ニーベルンは、目を細め、口元を緩ませた。


「何が、可笑しい! 直ぐにでも、挙兵すべきだ! なぜ、動かぬ!」

 青年は、激しく憤慨している、それが、ニーベルンには、懐かしかった。


「答えよ、ニーベルン!」

「言葉を慎め、デューク卿!」

 初老の男が、青年を厳しく誡めた。


「まったく、お前は、そっくりだな」

 亡き親友を思い出し、ニーベルンは、厳しい表情で、青年を睨みつけた。


「国を想う気持ちからの発言だ、今回だけは、許してやる」

 皆を制し、この場を収める。


 お前の子は、きっと、また問題を起こすぞ! なぁ、アレン……、

 ニーベルンは、殺意を込めたような目つきで、亡き親友の子を睨み、屈服させた。


「王都とは、何だ! 答えろ! デューク!」

 辺境伯の勢いに、その場は凍りついた。


「王都とは、国の中心、象徴です」

 まだ元気があるか……、はっきりと答えた青年に、ニーベルンは苦笑した。


「王都は、飾りだ、中央の日和見主義の貴族も、この際、帝国にくれてやっても良い」


 返事を聞き、デュークの顔は紅潮していく、


「きさ……」


 ドーン、


 テーブルを拳で強く殴り付け、ニーベルンは、デュークの二度目の失言を打ち消した。


 ほれ、見ろ、アレン、あの子は、お前、そっくりだ。


「くれてやっても良いが……、この際、寝返える者も掃除したい、それには、時が必要じゃ」

 まぁ、納得しねぇよな……、デュークを見つめ、ニーベルンは、さらに、言葉を続ける。


「王は、おそらく、北に向かわれた筈だ」

「北の魔女か」

 どこからか、呟く声が聞こえてくる。


「あやつが、王都にいれば、陥落する事も無かったのだが……、不在を狙っていたのだから、責めてもしょうがない」

 ニーベルンは配られていたグラスに口を付けた。


 デュークからの強い視線を感じ、


「あぁ、お前の問いにまだ答えて無かったな、王都とは、王が有らせられる都市の事、だから、王都奪還は、王が帰還しなければならない」

「ならば、すぐに北と合流して……」

「まてまて、西部を手薄にするわけには、いかない、なぜ、ここに、戦力が集中しているのか思い出せ」

「うっ……」

 デュークは、やっと言葉を詰まらせた。


 西部辺境伯は、王国をエルフから守る責を負っている。


 生き残ったエルフ達の国【アエラス】、動向も掴めず、その存在すら疑わしい、西方にあるという国……。


 人とは、臆病なものだ……、すっかり勢い失った青年を眺め、ニーベルンは、我に返った。


「まったく、兵を出さない訳には、いかないだろう」

 デュークの目に力が戻ってきている……、やれやれだ……、また、騒ぎ出さなければ良いが、


「息子のジークフリードと、レティーシア姫お抱えの魔法使いを中心に、北に向かわせる」

「魔法使い、あの、ドラゴンを倒したという噂の……しかし……」


「それだけでは、戦力が充分とは言えないのでは?」

 進行役の初老の男が、皆を代表して言葉を発した。


 デュークの鼻息が荒くなる。


 残念だが、今回、出番はなしだ、本当なら、儂も行きたいぐらいだからな……。

 ニーベルンは、戦いが嫌いではなかった、むしろ好物といっても良いぐらいだ。


「魔法使いは、息子の精霊と互角にやりあったと報告を受けておる」

「ジークフリード様の精霊……、四大精霊のシルフィード様と互角……、北の魔女と同等」

 デュークが、残念そうに驚いている。


「そういうことだ、大軍はいらない、少人数を向かわせる」


 その後、レティーシア姫の処遇などを話し合い会議は終了した。


 北の魔女、氷のババアには、馬車馬のように働いてもらおう。

 彼女の心底嫌がる顔を思い浮かべ、ニーベルン辺境伯は会議を後にした。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます