第24話 決戦

 騎士達は、訓練場での鍛錬に余念がなく、剣のぶつかり合うリズミカルな音を辺りに響かせていた。


 しかし、こいつらが、まともに戦ってる所は見たことがない。なんか、あれだな、ガンバレ!


 高い壁に囲まれた訓練場は、今、眼下に広がっており、俺達は、壁の上から訓練の様子を眺めている。


「おい、入り口は、あっちの階段だぞ」

 うむ、エドワード、案内御苦労。でも、ここまで来て、階段はめんど臭いぞ。


 よし、飛び降りるか、ひらりと塀の上に立つ。

 銀髪が風に流され少し乱れた。


 足元を遮る物が無くなり、スカートの中が換気される。身体が解放感に包まれ、なんか、気持ち良く、笑みがこぼれる。髪を指でいじり、耳にかける、冷んやりとし、ピョコとそこが動いたのを感じた。


「私に、階段はいらないわ」


「分かったからよせ!」

 なんだよ、俺は、空を飛べるんだぜ、心配し過ぎなんだよエドワードは。


 おっと、

「きゃっ!」

 突風が吹き上がり、バランスを少し崩す。スカートがめくれた。


 俺も、まだ未熟者だ、こんなだから、アンジェラ達に遅れをとってしまう。


「別に、大丈夫よ、私は空を飛べるのよ」

 って、あれ? エドワード、目をそらし顔を赤くしてないか……。まさか、こいつっ!


 ヒュー、


 又、風が吹くが、今度は、はためくスカートをしっかり抑え、ガードする。


 しかし、この風、なんか、悪意に満ちてないか?


「いいから、早くおりろ!」

 エドワードは、相変わらず、こっちを見ない。


 こいつう……、口を尖らせジロッと睨む、

「見たでしょ?」

 ぱんつ!


「そんなもの、見てない、早く降りろ!」

 くっそ〜、こいつ、ギルティだ!


 有罪だ、死ね!


「私のパンツ見たんでしょ、エドワードのバーカ、死んじゃえ!」

 相変わらず、言語補正はポンコツだ。


 あ〜っ、もお、めんどくせぇ……。


 えいっと訓練場に飛び降り、その瞬間を狙ったかのように、三度、悪意に満ちた風が強く吹き上がってくる。


 負けるものかと、しっかりと両手でスカートを抑え無事に着地した。

 そして、キッと上空を見上げる。


「お前のなんか、見るか!」

 壁の上からエドワードの声が聞こえる。だが、しかし、あいつは、有罪だから、後で、たっぷり苛めてやる。覚悟しとけっ!


 それにしても、訓練場は、意外に静か、もうちょい、活気があると思ったんだけと……。


「団長! バーナード団長!」

 多分、一番偉い、バーナードの爺さんを見つけ、そばへとテケテケ駆けていく。


「ご主人、置いていかないでっ!」

 あっ、チビが壁の上から飛び降りてくる。


 あぁ、パンツ丸見えだぁ、と思ったら片手でしっかりとガードしている。意外な女子力の片鱗を見て感心した。


 駄犬のパンツなんて、興味ないから、残念なんて思ってない。本当だからね!


 我に返り、気がつくと、男どものため息が聞こえてきた……、やっぱり……、


 お前ら、そんなだから、帝国に遅れを取るんだよ。


 この、ロリコン供!


「団長、訓練、もっと厳しくした方が良いですよ」

「こら! お前ら、もっと集中せんか!」

 俺のジト目に、慌てて、バーナード爺さんは一喝を入れた。


「ソフィア殿、こんな所に、何の御用ですか?」


「セシリアに会いに来たのよ」

 彼女から、あいつら、ユニコーンのユニ子達の様子を聞きたい。


「セシリアなら、あちらで訓練しておりますよ」

 バーナード団長の指差す方向に、剣を打ち合い、訓練しているセシリアがいた。


 団長に礼を述べ、セシリアの方へ……、


「ソフィ、遅いぞ!」

 なんか、ジークフリードに似ている知らないひとが偉そうだ。おまえ、あれか、女なら誰でも良いのか?


 無礼者は無視して、

「セシリア、久し振りね」


「ソフィア様、何か、御用ですか?」


 出会った時に背中から斬りつけてきた、セシリアは、相変わらず自己主張の強いけしからん胸を持っていた。ちなみに、その戦闘力はこうだ。


 セシリア>チビ>レティーシア>俺>アンジェラ、ランキング外にクララ、クララは無いからな、おっぱい……。


「おい! 無視するな!」

 誰だ、お前! やっぱり、胸は、大きい方が正義とか思ってるんだろ、ユニコーンと一緒で変態だな!


「ねぇ、セシリア、あの子達は、良い子にしてる?」


「ユニコーンの事ですか? そうですね……、ちゃんとしてますよ」

 そうか、まぁ、あいつら、フェチだから、心配する事もないか……。


「おい!」

 さっきから、やかましい男が肩を掴んできた。


「ジークフリード様、落ち着いて下さい!」

 セシリアが失礼な男を制した。


 ジークフリード、そういえば、そういう奴もいたな……、最後に見た背中は、城内だったか……。


「何処に行っていた、遅いぞ! ソフィ!」


「あなたが置いていったのよ」

 てめぇ、案内するとか言って、置いていきやがって、エドワードを見習え!


 あと、俺を呼び捨てにして、ハーレムメンバーに入れるな! 汚らわしい!


「え?」

 ジークフリードの奴、しらを切るつもりか?


「ハイエルフの君が、この城で迷う筈は……」


「私が悪いっていうの!」

 こいつ、往生際が悪いぞ!


「そうだぞ、ご主人は、迷子になって、あと少しで、泣くところだったんだぞ!」

 頬を膨らませ抗議するチビの頭をゴンと叩く、余計なんだよ、それに、泣きそうになんかなってないぞ!


 ウンウンと、頭を抑え、チビはぺたりと座りこんだ。ホントに前衛か、コイツ……。


「それは、申し訳ない、では、今日は……」

 しゅんとしだしたジークフリードに、


「相手してあげるわ」

 と言ってやる。


 そう、コテンパンにしてやる! 容赦しねぇからな、覚悟しろ!


「セシリア、ちょっと離れて……、いえ、訓練場から出てなさいっ」

 いきなりのことに、セシリアはキョトンとしている。


「だんちょ〜、今から、ジークフリードを殺るから、皆を外にだ〜、し〜、て〜!」


「ジークフリード様とやる? 手合わせか?おい、全員、壁の上に行け! そこから観戦しろ!」

 バーナード爺さん、すまん、手合わせじゃない、一方的に殺らせてもらう。虐殺だ!


「セシリア、あなたも早く行って!」

「この娘は、大丈夫ですか?」

 そういえば、セシリアは、チビとは、初対面か……。


「この娘は、私の従者だから大丈夫よ」

「従者! この娘が?!」

「ええ、だから早く行って」

 セシリアは、壁の方へと駆けて行った。


「お手柔らかに頼むよ」

「ええ、本気でいくから、覚悟して下さいね」

 ジークフリードの笑顔に、俺は満面の笑みで答えた。


「この訓練場、丈夫なのよね」


「ああ、この訓練場は、失われた技術で作られている。その上、精霊の加護もあるから、どんな力でも、ビクともしない」


「なら、いいわ」


 訓練場から出た人まで、怪我させたくないからな。


「これを、使え!」

 ジークフリードが剣を投げてきた、どうやら、彼と同じ訓練用の剣らしい。

 殊勝なことだ……。


「剣はいらない……杖を使うわ」

 ヘルメスの杖を取り出す。本気に剣はいらないのだ。


「君が良いなら、文句はない、準備は良いか」

 お人好しな奴だ。いや、騙されるな、こいつは、女たらしだ。


「ちょっと、待って……」

 アンジェラの件もある、あいつもチート持ちかもしれない……、対邪神と思って準備するベきだ。


 まずは、身体強化、【ストレングス・ボディ】、【ハイ・ストレングス・ボディ】、【スーパー・ストレングス・ボディ】、思った通りだ、この世界のバフは、同種の重ね掛けが、加算方式でできる。


 アンジェラのバフも、デバフも重ね掛けされて苦戦した。


 これなら、俺は、素手で、邪神を倒せる戦闘力を得ることができるかもしれない。


「準備は良いか?」

 引きつった笑顔で、邪神ジークフリードが問いかけてきた。


 まだ、身体強化は、半分しか終わっていないが、俺の周りの地面には、ヒビが入り悲鳴を上げはじめている。


「まだよ、これじゃ、素手で、邪神は倒せないわ」


「邪神?!」


 ふん、なんか、邪神が戸惑っているが関係ない、加算方式だ、ジャンジャンいくぜ!


【ウルトラ・ストレングス・ボディ】、【アルティメット……、


「きゃ!!」

 空から降ってきた雷に撃たれ、身体が痺れ、強化を邪魔された。


 邪魔するな!


「アルティ……、きゃ!」

 また、雷に撃たれた。くっそ〜っ!


「アル……、きゃ!」


「いい加減にしなさい!」

 邪神、いや、ジークフリードの上から女性の声が聞こえた。


「誰よ、邪魔しないで!」


「私は風の大精霊、シルフィードよ」

 へぇ〜、あれが、結界に加護を与えている精霊というわけか……。


 杖を掲げ魔力を込める、

「天地全てを束ねる……、きゃ!」


「い、今、何を、きゃっ!」


 くそっ、詠唱のいる神話級は無理だったので、ヘルファイアを無詠唱でシルフィードに投げてやった。


 死ね、ばかっ!


 ズドーン、


 お返しとばかりに、極大の雷撃が襲ってきた。かなり痺れたが、まだ、動ける。


 髪の毛から、プスプスとやな音と焦げる匂いがするが、気にしてはいけない。


「ソフィア、大丈夫か?」


「あんたは、黙ってて!」


 俺は、杖をシルフィードに向けた、ヘルメスの杖の羽が焦げている、何度も言うが、気にしてはいけない。


「エルフのくせに、私に逆らうなんて、信じられない」

 シルフィードは腕組みをし、豊かな胸を見せびらかした。セシリアのトップの座が……。しかし、今は、それどころでは無い。おっぱいと戦闘力は関係無いと証明しなければならない。


 そう大きさではなく、形と弾力のバランスが重要なのだ。 


 俺は間違いなく、誰にも負けない!

 胸を張る、みずみずしい弾力をもった、形の良いおっぱいが服越しに自己主張する。


 どうよっ!


「私は、火属性特化のエルフなのよ、だから、あなたには、負けないわ!」

 ふん、確かに、ゲームでも、エルフは風特化した方が育てやすいが、俺は、火属性魔法が好きだから、火にしてるんだよ。


「エルフの扱う、火では私は倒せないわ」

 巨乳だからって余裕の態度だ。


「私には、イフリートの加護があるのよ」

 課金で得た銀髪には、エンチャント枠が一つある。


 その枠に、エンチャントしているのがイフリートの加護だ。


 これは、いろんな奴に批判された、銀髪なら水系だろうとか……、


 そんなものは、関係ない、俺は、火属性魔法が好きなんだ……、


 確かに、氷結系もカッコイイが、メテオとかの方が、派手だし……、しかも、イフリートなんて滅多に出ないんだぜ。


 だから、良いじゃん……。

 銀髪が赤い燐光を帯び、淡く輝く。

 周囲の気温が上昇している。

 それにつれ、身体が熱く活気づく。


「そう、あの、ろくでなしの加護を持っているのね……」

 シルフィードは、余裕の表情を崩し、俺を睨んだ。


「あの〜、二人とも……」


「引っ込んでろ!!」

 二人の女性から、怒鳴られ、ジークフリードは沈黙した。


「もう、後悔しても遅いわよ、エルフの小娘」

「私の邪魔は、許さないわ、風のおば様」


 エルフの少女と、風の大精霊、シルフィードの決戦が幕を開けた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます