第22話 迷宮

「ご主人、さっきから同じところを、ぐるぐると回ってない?」

「なによ、じゃ、あなたが先に行きなさいよ」


「やっぱり、迷ってるのっ! なら、僕に任せてっっ」

 ふんふんと立派な胸を張り、チビが先頭を歩いていく。


 城を散歩して迷いこんだ、この通路は、とても厄介だった。


 それは、冷んやりとして、とても静かだが、出口には、たどり着く事が出来ない。どうしても、同じ場所に戻ってしまうのだ。


 かなり長い時間、俺たちは石で作られた通路にコツーン、コツーンと足音だけを響かせていた。


「ご主人、疲れた……」

 チビが音を上げ、床にぐてっと座り込んだ。


「迷っちゃったわね」

 やれやれと、隣に座り髪を撫でてやる。

 しばらく、ここで休むのも悪くない。


 これは、あれだな、罠か、それしても、迂闊だったと少し反省し、後で、壊そうと心に決めた。真っ直ぐ、壊せば、多分、抜けられる筈だ。


 コツーン、コツーン、


 遠くから、足音がする。


 俺たち以外にも、ここに、誰か来たのか?


 コツーン、コツーン、


 音は、迷いなく迫ってくる。


 ヘルメスの杖を取り出し、一応、警戒をする。


「そんなとこで、何をしている?」

 耳障りな声、エドワードだ、ちっ……。


「フラッシュ!」

 杖の羽が大きく開き、そこから強い閃光が溢れ、走りだす。目くらましの呪文だ。


「き、貴様!」

 エドワードは、苦悶の声をあげ、目を抑えている。


 ざまぁ〜みろっ、


「いくわよ」

「いいの?」

「いいのよ」

 チビの手を引き、その場を急いで離れた。


 永遠に、ここで、彷徨うが良い、エドワード、さらばだ!


 その時、俺は鼻歌と共に、スキップしていたかも知れない、それぐらい、スッキリした。


「あぁ、楽しかった」

「ご主人、ひどーい、友達にあんな事して良いの?」

 友達? 相変わらず、甘い奴だ。


「あれは、いいのよっ」

 そういえば、あいつ、エムだったけ……、悶える姿を思い出し、背筋がブルッと震えた。


 コツーン、コツーン、


 再び、音が動き出した。


 コツーン、コツーン、


 一定のリズムを刻み、追いかけてくる。

 後ろを振り返るが、姿は見えない。


 コツーン、コツーン、


 音は前から……、


「貴様、さっきのは、何の、真似だ! 二度とするな!」

「きゃっ!」

 エドワードは、前から現れた。振り返っていた俺は、完全に不意をつかれたが、


 二度とするな、だと、これは、振りか?


 彼を拒む形で杖を掲げた。


「だから、やめろと言っている!」

「きゃっ!」

 決まりだ、奴も、望んでいる。この、エムめ!


「ハイフラッシュ!」

 強烈な閃光が杖から飛び出し、荒れ狂う、見るもの全ての五感を奪う狂った光は、しばらく辺りを彷徨った。


「だから、それは、やめろと言っている、この馬鹿!」

 くそ、こいつ、エムの癖に、目をつぶりやがった。


「なによ、馬鹿っ、いくわよ、チビ」

 チビを連れ、反対方向に進む。


「出口が分かるのか?」

 エドワードの声がする。


 ふん、こちとら、RPGで鍛えてるんだ。今度は、心の中でマッピングをするから大丈夫なんだよ、多分……。


「おい、分かるのか?」

 しつこい、男は嫌われるぞ!


「出口? ご主人は、迷ってるんだよ、察してよ!」

 チビは彼の方にプルンと胸を揺らしクルッとスカートを広げ振り返る。


 おいっ、チビ、てめぇ〜〜。


「ここに入るのが、見えたから、もしやと思ったが、この、田舎者め」

 はぁ、見えただと、じゃぁ、すぐ来いよ。こっちは、結構な時間、迷ってるんだぜ!


「じゃぁ、直ぐに来なさいよ、馬鹿!」


「貴様、態度を改めろ!馬鹿!」

「い、や、よ、馬鹿!」

 いーっとしながらべーと舌をだす。俺は、方向音痴じゃないんだからねっっ!


「二人とも、仲良しっっ!」


「勘違いするな! 馬鹿!」

 声を揃え、二人でチビの頭にゲンコツを落とす。彼女は、頭を抱え座り込んだ。


「みんな、ひどい……」

 おい、チビ、お前、前衛特化だろ? そんなザマで大丈夫か?


「こっちだ、馬鹿!」

 エドワードは、腕を掴み、俺を引っ張る。


「私に触らないで……、馬鹿!」

 いやっと腕を引き離す。


「す、すまん……」

 エドワードは、謝罪した。そう、したのだ!


 やった〜っ、勝った、俺は、この戦いに勝利したのだ。


「もう、早く、出口に案内してっ!」

「わかった、私に付いて来てくれ、ば……ソ、ソフィア……」

「いいわ、付いて行ってあげる」

 さっきまでの勢いを無くしたエドワードは、先頭を黙々と歩いている。


 コツーン、コツーン、


 足音をお供に、俺たちは出口を目指した。




  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます