第20話 昼下がりのテラスで

「これを持って行きなさい」

 お父様は、私に首飾りを下さった。


 それはとても質素で、小さな青い石が付いた、可愛いらしい首飾りだった。


 見覚えのあるそれは、代々、王妃に受け継がれた首飾り……。


「さぁ、それをかけなさい」

「いえ、これは……」

 これを、身に付ける意味……、考えたくない。


 それでも、お父様は、再び首飾りを手に取り、私を両腕で包み込んだ。


「首飾りはかけるものだよ、心配するな、次に会う時は返して貰う」

 優しく微笑み、額に口づけをした。

 私は、首飾りを隠すように、慌てて胸の中に納めた。見せびらかすような物ではない。


「帝国の臆病な皇帝は、そなたの存在に気づいたようだ」

 お父様は、私の肩を力強く握る。


「いいか、レティーシア、私の可愛いレティーシア、どんな事があっても、私は、お前を愛している、それを、決して忘れないでくれ」

 抱きしめられ時に嗅いだお父様の匂いは、今でも忘れられない。


「陛下! お急ぎください!」

 扉の方から、お父様を呼ぶ声が聞こえる。

 事態はかなりひっ迫してきたようだ。


「手薄な我が王都にドラゴンを二体も連れて来るとは、よほど怖いと見える」

 陛下は、私から離れていく。


 最後に、こちらに振り返り言葉を残した。

「レティーシア、そなたに精霊のご加護があらんことを」

「陛下にも、精霊のご加護を」

 お互いに皮肉を言い合い別れた。


 精霊が最も愛した種族の国を滅ぼした者の末裔達は、お互いを案じ、精霊に祈りを捧げたのだ。


 ニーベルン城のテラスから外を眺め、レティーシアは、王都での最後の記憶を思い出していた。


 王都を離れる途中、城は燃えていた。


 今も、胸の中にある石を握り締める。


 ニーベルン辺境伯も、その息子も、いや、ニーベルンは代々、精霊へ祈りは捧げないと聞いている……、レティーシアは、城の中庭を歩くエルフの少女に目をやった。


 彼女の銀色の髪は光を反射しキラキラと輝き、それが、とても眩しく、目を細めた。


 精霊が愛したエルフの国を滅ぼしたいにしえの大戦、それに反対した者達は精霊への祈りを捨て、先頭に立った者達が精霊にすがる……、私も……、彼女に助けられた。


 それは、とても滑稽であり、おかげで、私の自由は、また奪われた。


 エルフの最後の姫君、この世に二人としていない銀色の髪を持つエルフ。


 ソフィア、何故、あなたは私を助けたの?


 彼女は本当に記憶が無いのかもしれない……。


 それでも、エルフの姫君は、伝承のとうり、巨大な力を手に入れて戻ってきた。


 何も知らない彼女は、とても自由だ。


 それが、とても羨ましく、憎らしい……。


 彼女の従者がこちらを指さしている。


 獣人の従者は、フェンリルの化身らしい。


 可愛らしい容姿からは、想像できない。


 ソフィアと目が合ったので、いつものように、ニコっと返事した。


 それだけで、彼女は、とても嬉しそうだ。


 本当に、記憶が無いのね……。


 私だって、罪悪感はある。


 でも、きっと、それは許される。


 あなたは、私の欲しい物、を持っているのだから。


 ねぇ、そうでしょ、ソフィア。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます