続・誹謗中傷から身を護る方法

匿名掲示板で誹謗中傷されたときの法律的な対処法

 匿名という立場を利用して、特定の誰かを攻撃する誹謗中傷。

 そんな卑劣な相手には「あんた匿名じゃないからね」を突き付けてやりましょう。


 そう、インターネット上に本当に匿名な場所なんてほとんどないのです。

 匿名性が高いってだけで、個人を特定することは可能なのです。


 そして、ネット上で他人を誹謗中傷する行為は名誉毀損罪や侮辱罪といった犯罪にあたります。つまり、逮捕できるのです。

 しかもこれらは罰金や科料だけでなく、懲役や拘留といった刑を課される場合もある、けっこう重い犯罪です。


 刑法230条第1項の名誉毀損罪は「公然と事実を摘示し、人の名誉を毀損」することと規定されています。3年以下の懲役もしくは禁錮または50万円以下の罰金です。

 もし書き込まれた内容が事実であっても、不特定多数がいる場所で他人の社会的評価を貶めるような行為は犯罪なのです。あ、もちろん真実じゃなくても、他人の社会的評価を下げるようなことを言うとこの罪になりますよ。


 刑法231条の侮辱罪は「公然と人を侮辱」することと規定されています。法定刑は拘留または科料です。名誉棄損罪に比べると法定刑は軽いですが、犯罪は犯罪です。

 事実か嘘かは関係なく、単なる悪口でも犯罪になるということですね。


 日本は法治国家です。悪質な誹謗中傷には法律で反撃することができるのです!


 もっとも弱メンタル者としてはやり返すのもメンタルがしんどい場合が多いのですが、本当にぶちギレ金剛したときのためや、知識として知っておくだけでも心の支えになるかと思いますので、今回は法的対処について書いていきます。



 ネットの仕組みを改めて確認しておきましょう。


 誹謗中傷する人→プロバイダー→匿名掲示板


 こういう経路で書き込みが行われています。

 なのでまず、匿名掲示板に「これ書いた人、だれ?」と聞きます。すると書いた人のIPアドレスが開示されますので、今度はそれをプロバイダーに「このIPアドレス使ってるの、だれ?」と聞くと、契約者(誹謗中傷する人)の個人情報を得ることができます。


 これは一般の人だとできないので、警察か弁護士にやってもらう形になります。


 警察や弁護士に行くときには、誹謗中傷を受けた画面のスクショと、URLを持っていきましょう。スクショはプリントアウトしておくと見せやすくてGOODですね。

 一般の弁護士はだいたい相談料がかかりますが、法テラスに行けば無料相談もあるので、利用してみてください。


 あっ、わたしは誹謗中傷をスクショして保存しておくのは気持ち悪いのでどんどん削除したりブロックしたりしていましたが、法的対処のときには必要なので、「これはもう訴訟だな」と思ったら今度は集める方向でいくのがいいです。



 このエッセイに寄せられたコメントでも、


>最近は素人のペンネームに対する誹謗中傷も民事だけでなく、場合によっては刑事処罰の対象にもなりつつあるようです。

>警察が動けば、IPアドレスの開示なんかも弁護士が開示訴訟を起こすよりスムーズに出来ます。

>例え最終的に不起訴になっても、前歴は残りますし、行為者は場合によっては警察だけでなく検察にも呼ばれます


 とのことなので、悪質な犯罪者にはきっちり落とし前をつけてもらいましょう。




 ちなみになんですが、わたしはちょうど親戚に警察官も弁護士もいるので、当時は相談してみました。まあ、親戚のあつまりで簡単にですけど。


 それでTwitterに「弁護士と相談していますよ」って書いたら、それだけで誹謗中傷がけっこう減りましたね。逮捕はされたくないけど他人はバカにしたいという人が多かったみたいです。


 あとなぜか「弁護士に相談してるとか言ってる! これはおれたちに対する脅迫だ!!」とか言ってる人もけっこうな数いたんですけど、小学校をちゃんと卒業することをつよくおすすめしたいですね。


 しょうがっこうをそつぎょうしてから、インターネットいんたーねっとをつかおうね!



===============

 「役に立った!」と思ったら

 気軽に「応援する」をタッチ!

 応援コメントも歓迎ですよ~


 ☆評価、レビューも大歓迎!

===============

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます