この余白では広すぎる

作者 長水マシ