第23話 リョウちゃん、多苦悩処に行く。

「さぁ、後田さん。次の刑場に行きますよ」


 地獄で初めて責め苦を味わったせいで呆然としている後田は、別の獄卒に引っ張られて消えていった。


 リョウは地面に散らばってしまった皿やグラスを集めている。


 一緒に店員っぽい鬼女も片付けてくれる。


「あなた、最高でした」


 額から角が生えてはいるが、日本人好みの美形と言えるし、体つきも艶めかしい。そんな鬼女が潤んだ瞳で見てくる。


 以前のリョウであれば、げへへ、もっと足立のリョウの最高を見せてやるよ、と口にしているところだが、今はそんな気分ではなかった。


 あいつ、あの程度で許されるのか?


 ないだろ。ちょっと苦しんだだけじゃねぇか。


 殺された奥さん、娘さん。残された東雲。その苦しみは想像を絶する。


 腸煮えくり返るほどの怒りに満ちていたリョウだったが、ふっと覚めた。


『あれ……俺、なんでこんなに怒ってるんだ? 感化され過ぎじゃねぇ?』


 商売柄、客の愚痴を聞く機会は多かったが、それにいちいち親身になりすぎてドップリ両足突っ込むのはプロではない。自分なりの返しをしながら、客を心地よくのがバーテンの仕事だ。そこに本意がない時だってある。


 それなのに、獄卒の身の上話一つで、自分には全く関係のない他人にここまでするだろうか。


 後田にしたことを思い出して、手が震える。


 ここが現実だったら殺人だ。しかもかなり酷い殺し方をしている。普段の自分にあんなことをする度胸はない。


 ちょっとお灸を据える程度に無銭飲食して、全額払わせよう程度にしか思っていなかったのに、なんでこうなった………。


『俺、今ので絶対刑罰増えたわ………』


「おおっと。ちょっと目を話している隙に。どうかしましたか山内さん」


 東雲がにへら顔でやってくる。


「見てなかったのかよ?」


「はて、なんです?」


「いや………いい」


「なにかありましたか?」


 東雲が鬼女に問う。


「いいえ。なにも」


 鬼女はリョウに微笑みかけた。


「おやおや。獄卒が亡者に肩入れするのはいけませんよ?」


「なんにもしてないわよ」


 プイと鬼女は顔をそむけたまま何処かに消えた。


「それではスケジュールも押していますので次に行きましょうか」


「スケジュールあるのかよ」


 その問いには応じず東雲の指が鳴らされる。


「ここは多苦悩処たくのうしょ。男同士で性行為をしたら落ちる場所だったんですが、性差別だ!という天国からの強いクレームによって廃止されまして、逆に男同士の楽園になっています」


 男同士の友情の先に愛情があっても、それは間違えではないのかもしれない。リョウもバーで酒に酔って何十人の男の唇を奪ってきた。


 が、そういう性癖ではない。


ベアー系太マッチョ同士がベンチで肩寄せあって同じソフトクリームを回しあって食べている光景は、他に比べれば


ナルシスト系細マッチョに肩を抱かれて「今夜お前といんぐりをもんぐりしたい」と囁かれて頬を赤らめているオタク系青年など、見てられない。


「次いこ」


「いいんですか?」


「俺の性癖じゃない」


「ちなみにここは昔だったら生前に愛した男が、まぁ、バーチャルリアリティ真っ青の姿で現れて、とにかく燃やされる姿を見せつけられる地獄だったんです」


「前は子供焼いてたな………」


「ええ。もちろん偽物ですよ。亡者の良心の呵責に訴えるための」


「効果あるのか?」


「ここの場合は多少は。なんせ愛しい男がもがき苦しんでいるわけですから、亡者はそれを助けようとしたり一緒に死のうと抱きついたりするんです。下手すると男同士のほうが情が深いのかもしれません」


「………」


「けどね。亡者の皆さんもそんな地獄も何度も何度も見せつけられると飽きるんです。またこのパターンかって」


「だろうね」


「それにここに関しては私も天国の意見に賛成でして。性癖が生命の子孫繁栄に関係しないからと言って地獄に落とすのはやりすぎかと。子を成さずに滅びるのであればそれが人間という種の限界なのです」


「へぇ」


「その代わり、ここの名前の通り、多く苦悩する処として新たな罪人を呼びたいんですよ。どんな罪状の人間が堕ちるべきだと思います?」


「名前の通りなら相手を多く苦悩させて苦しめたやつが堕ちるべきじゃね?」


「ほほう!」


「なんでそんな目から鱗が落ちた、みたいな顔してるのかさっぱりわからん」


「なるほどなるほど。では次に行きましょうか」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます