バカミタイが三回

作者 RAY

71

26人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

ストーレート。
まさに直球。
なんて真っ直ぐなんだろう。
その真っ直ぐさに涙が浮かびました。

言葉の難しさは、本当に難しいなあと思う。
けど、その難しさを越えた時にある理解の深さは、大きな糧になるとも思いました。

上手く言えないけど、私はこうした心に触れることが出来たことはとても大切で、貴重なことだと思っています。

本当に、ありがとうございます。


★★★ Excellent!!!

SNSは相手が見えない世界だからこそ、作者のような優しさが、奇跡のように人を救うのだと思います。

言葉が伝わらないもどかしさ。
言葉でしか伝えられないやるせなさ。
それでも――。

その勇気は、やさしさは、独りよがりなんかじゃありません。

★★ Very Good!!

バカと馬鹿に成れることは全く違う。
ホントのバカは自分をバカだと認めない。
バカだと自覚することで、少し賢くなれる気もする。

バカにされても笑っていられる人こそ賢いと思うし…他人をバカにする人間ほど愚かに思う。

みんな解っているんだけど、なかなかバカになれないし…バカにされるとムッとなる。

捨てられないプライドが、そのバカの証だと…僕は知りつつも、それにすがりつく。