虜囚達と夜のユリシス

作者 銀鏡 怜尚

まるまるモリモリ……おや?どこかで

  • ★★★ Excellent!!!

ラノベ作品が溢れる中ではこの作品は非常に異質と言えるでしょう。本格推理小説と銘打っても、実際にその名前が内容と合致している作品はごく僅か。この作品はその少数派の中に堂々と君臨していると言えます。

作者様の持つ豊富な医療知識に加え、そして刑務官と言う特殊な職業。相当な下調べ無しでは書けない内容は推理小説でありながら、職業小説と言えなくもありません。そうした下地無しでは書けない世界観は圧倒されるばかりです。

一人の平凡な刑務官が心に秘めた正義感が真実を暴き、その正義感の強さに惹かれるように協力する仲間達。真実を暴く事は必ずしも正しい行いとは言えないかも知れません。でも彼等の活躍がどのような謎を暴き出すのか、そしてどんな未来を導き出すのか、最後まで目が離せません。

本格的なミステリーに浸りたい方、ライトな作品に食傷気味の方、是非この作品にどっぷりと浸かって下さい。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

★★★ Excellent!!!

カクヨムで年末年始にWeb小説コンテストが開催される都度、主にミステリジャンルで銀鏡怜尚氏が参加し、過去三度新作長編を発表なさっています(※第三回のみ既存作にて参加なさっていた模様です)。
今年も恒… 続きを読む

梔子さんの他のおすすめレビュー 100