2-8 オルゴールの話

 叶依と海輝が楽しそうに話していると、

「あのー……ちょっとすいません、洋さんって誰ですか?」

 麻子が少し控えめにマイクを握った。

「洋さんは、僕の父親です」

「どうして若咲さんが知ってるんですか? またどっか行こうって……」

 会場からも、なんでーっ、という声が聞こえる。

「こういう仕事してたら、いろんな人と出会うから……」

「どこ行ったんですか?」

 叶依は再び回答に困った。

「それはちょっと、プライベートに……いーやんどこでも!」

「教えてくださいよぉ。海輝さんは知ってるんですか?」

 麻子は海輝に聞いた。

「さぁ……。どこでしょう。二人に直接関係がないのは確かですけど」

 海輝は笑っている。

「じゃあ、誰と関係あるんですか?」

「誰でしょう」

 海輝は叶依に向き直り、

「あれ言っていいの? 時計台のこと」

「あーあれ……どうしよう……あのー……さっき、夏に北海道行ってすごい良くしてもらった人がいた、って言ったけど、OCEAN TREEと、この、海輝の家族なんですよ。それで、家族の一員になって……この人は私の兄です。今はまだやけど。ほんまやで?」

「え、そうなんですか?」

 麻子が海輝に聞いた。

「そうですね。いずれ───僕の妹になりますね」

(あれ? あの話したっけ? まだ誰にも話してないと思うけど……)

 叶依が首を傾げると、

「何の話してるの? 話合ってる? オルゴールの話でしょ? 違う?」

「オルゴールの話? あ、そう、オルゴールの話」

「オルゴールの話って何ですか?」

 聞いたのはもちろん、麻子だ。

「詳しいことはね、もう少しあとになってから、ちゃんと言いますので。そうだ、十二月九日、この子に……北海道まで来て、ラジオに出てもらうことが決定したんで、その時に、言おうと思います。気になる方は、是非聴いて」

「聴いてくださーい」

 予想もしない人物の声に驚いて、そこにいた全員が上手のほうを見た。

 なぜかそこに、冬樹が立っていた。

「ホントにあのー……面白いんで聴いてください。僕、二人が何の話してるのかよくわからないんですけど、とにかく聴いてください。スペシャルゲストも登場しますんで」

「おまえ……洋さんと釣り行ったんじゃなかったの?」

 海輝は本当に驚いている。

「いや、行ったのは行ったんだけど、すごい、雨が激しかったんでやめました。で……帰ってもすることないし、マネージャーに聞いたら海輝が行ったって言うから、来ちゃいました」

「あの、ちょっとこれすごくない? OCEAN TREEと若咲さんですよ。超有名人ここに集結! 若咲さん、どうしてそんなに仲良いんですか?」

「だから北海道で───」

「そこから先はラジオを聴いてください!」

 海輝が懇願するように言った。視線はしばらく麻子に向けていて、やがて客席に向いた。

「全部言うの?」

「出来るだけ。その……さっき冬樹が言ってたスペシャルゲストにも話に加わってもらおうと思ってるんで」

「誰?」

 叶依が聞いた。

 ラジオに出るのは聞いているけれど、スペシャルゲストの話は初耳だ。

「絶対知ってるよ。音楽とはあまり関係のない道を行ってる人だけど」

(そんな人いたっけ?)

「事の発端は四月ですよね?」

 冬樹が確認の意味を込めて海輝に聞いた。

「四月? でもまだ私デビューしてないやん」

「とにかく四月です。あとはラジオを聴いてください。ということで……冬樹、今日、車?」

「そうだけど?」

「じゃアレ持って来てよ」

「あれ? あ、あれね、はいはい」

 二人の姿は一旦舞台から消え、十分後、ギターを持って再び現れた。二人とも車の中に常にギターを入れていることを、叶依は知っていた。

 舞台の縁に腰掛けて、二人はギターをポロンと鳴らした。

 アザラシが静かに泳ぎ始めた。


 四月───。

 叶依は高校二年生になった。

「若咲さん……? 何してんの?」

 自分から話しかけるつもりだった相手に、逆に話しかけられた。

 叶依が知っている限り、一番のイケメンだった。

「なぁ、叶依ー、さっきはごめんな」

 名前で呼べとは言ったけど、本当に呼ぶなんて……。

 それがすべての始まりだった。

 けれど、それだけがすべてでないことを、叶依は知っていた。

 遠く離れた別の所で、他の何かが起こっていた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます