1-11 なんとなく

 翌日、三人は総合体育館の客席ではなく、ベンチのほうに陣取って伸尋の試合を観戦していた。前半戦はもうすぐ終わろうとしていて、伸尋側のチームがリードしている。伸尋は学校外のチームにも所属していて、今日はその試合だ。

「なぁ海帆ー、さっきから気になっててんけど、あっちで座ってるスーツ着た人、誰?」

 体育館の入り口付近に、五十代くらいの男が一人いた。腕組みをして考え事をしているのだろうか、じっと試合を見ている。

「さぁ……史、あれ誰?」

「どれ? あ、あれな……山野芳明。JBL会長」

「会長? ってもしかして、まだ伸尋追われてたん? そんな伸尋ばっか見てたら伸尋集中できへんのちゃん?」

「あいつすごいらしいで。前に聞いてんけど、会長も若い時はトップレベルの選手やったらしくて、そのとき戦ったどの選手より、伸尋のほうがレベル高いらしい」

「ふぅん」

 海帆と叶依は伸尋を目で追っていた。

 味方からボールを受け取って……ドリブルして……

「おっしゃー!」

 史は立ち上がって叫んだ。

 シュートが決まったのだ。

 その直後の一瞬、叶依は伸尋に見られたような気がした。

(確かに、すごい……)

 前半戦が終了し、選手たちはベンチに戻った。伸尋はもちろん、三人のところにやってくる。

「おまえやっぱすごいわ」

「楽勝楽勝。こんだけ点離してたら追いつけんやろ。俺に勝てる奴はおらんで」

 少しだけ話をして、伸尋はコートへ戻った。それと同時に、史も「すぐ戻る」と言ってどこかへ消えた。

「伸尋ってさぁ」

 史が完全に見えなくなってから海帆が口を開いた。

「かっこいいでなぁ」

「え? 海帆って───史と付き合ってんじゃなかったっけ?」

 叶依は本当に驚いた。確かそのはずだ。

「え……あ……知ってた?」

「うん。だって」

「じゃなくってー! 気づいてないん?」

「ん? 何に?」

「何って、伸尋が……」

 叶依の頭の中では、クエスチョンが飛んでいる。

「叶依のこと好きって」

「へ?」

 叶依の声は裏返っていた。そんなこと、考えたこともなかった。

「史に言ったらしいで。うちらが出会ったのは今年やから今の伸尋しか知らんけど、史によれば去年までと全然様子違うらしいし」

「それって……始業式からってこと?」

「うん。今までは、特に仲良くしてる子はいなかったんやって」

 ふと見ると、伸尋は真剣な顔でバスケをしていた。球技大会で焦っていた時と同じくらい真剣な顔。

(始業式からって……えー? でも……)

「伸尋……かっこいいとは思うけど、別に好きではないなぁ……」

「なんで?」

 史が三人分のジュースを買って戻ってきた。

「俺、もうおまえもあいつ好きなんかと思ってたけど。ま、俺らが首突っ込んでもしゃーないけどな。はい、これ」

 史は二人にジュースを渡して、自分も飲んだ。

 後半戦も気づけば残り数分だった。けれどスコアボードの表示は、前半戦と全く変わっていない。

 伸尋は───ボールを持ってゴールの下でシュート体勢に入っていた。けれど、何故かそこから動くことが出来ず、シュートできていない。

 ピーッ。

 試合終了。

 伸尋のチームが勝ったけれど、後半で得点できなかった伸尋はあまり嬉しそうではなかった。

「史ー」

 もらったジュースを開けずに持ったまま、叶依は立ち上がった。

「これさぁ、折角くれたけど……伸尋にあげていい?」

「いいけど……なんで? さっきの話するん?」

「ううん。そうじゃなくって……なんとなく」

「ええよ」

「ゴメンな」

 叶依はゆっくりと、伸尋のほうへ向かって歩き出した。


 伸尋は座ってタオルで汗を拭いていた。表情はさっきと変わっていない。近付いてくる叶依に気付いたのか、ゆっくりと顔を上げた。

「これ───あげる。史にもらったんやけど、喉乾いてないから」

 叶依は伸尋の隣に腰掛け、ジュースを渡した。

「あ───サンキュー……」

 伸尋は少しだけ微笑んだ。

「今日は調子悪かったわ」

「───後半?」

「うん……」

「でも───いいやん。結果良かってんから。カッコよかったで」

 さっきよりは大きめに、伸尋は笑った。

「でもやっぱり───伸尋としては点取りたかったんよなぁ」

 伸尋はジュースを一口飲んで、大きな溜息をついた。

「気持ちはわかるけどさぁ、終わったこと言っても仕方ないやん。伸尋らしくないで。元気出してよ。いつもの伸尋みたいに」

 叶依は伸尋の背中をポンと叩いた。もちろん、ユニフォームは汗で濡れていた───けれど、そんなことは気にならなかった。

「そやな……よし。次に備えて鍛え直すわ」

 元気になった伸尋を見て、叶依はちょっと嬉しくなった。

「じゃ、行くわ」

 叶依が伸尋に背を向けて歩き出すと、

「あ、叶依」

「ん?」

「あ───なんでもない。これ、サンキュー」

 にっこり笑って伸尋に手を振り、叶依は再び歩き出した。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます