アニメライターのひとりごと

作者 佐都 一

63

22人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

ライブ非参戦のラブライバーとしては、著者さんには、ひたすらありがとうございますと伝えたい。
そんなライブの熱さと著者さんのラブライブ愛が伝わってくる臨場感溢れるレポートです。
とはいえ、全部ネタバレはしていないであろうのもミソです。
全部知りたい人はライブBlu-ray買いましょう。

私はラブライブ!は無印のアニメ一期一話を偶然見始めたのがどっぷりとはまってしまうきっかけでした。
ですので、先代のユニットμ'sについては、結成から数年後、ある程度洗練されてしまってからしかリアルタイムでは知りません。
1thシングルが全然売れなかった苦労は知りません。
アニメ化をキッカケにファンになった方は多いので、同じような人は多いでしょう。

対してAqoursは、私を含め多くのラブライバーは誕生の時から見守れています。

けれど、μ'sが好きだから、ぽっと出のμ'sに比べて未熟な彼女たちに世代交代をされてしまうのはつらいと思ったり、μ'sが最初舐めた種類の辛酸(知名度なし、売れない)は経験せずに最初からオリコン上位に食い込んでしまう彼女たちに複雑な想いを抱くファンもいたでしょう。

Aqoursメンバーの声優さんたちも当然、そういう目で見られているプレッシャーは感じていたでしょうし、その重さは察するに余りあります。

その辺の三次元の事情を、アニメのサンシャイン一期では見事に二次元に落とし込んでおり、感心したものです。
μ'sが次世代に伝えたかったこともしっかり受け継がれていましたしね(^_^)

二次元と三次元のシンクロがラブライブ!シリーズの魅力の一つだと、サンシャイン一期で確信しました。

と、長々と語ってしまいましたが、そんなサンシャイン、Aqoursのあり方を存分に理解したプロのライターさんが書いた趣味のレポート。読み応えもありますし、ラブライバーもラブライブ入門者も楽し… 続きを読む