幾何学が書き記してる旅の先(数学者)

食いつつメモ書き(キザ)

伸びたる手、記し

幾何学が書き記してる旅の先

気が揉めつつ行く


(くいつつめもがききさのびたるてしるしきかがくがかきしるしてるたびのさききがもめつついく)


【解説】食べながらも数式を書く手を止めずにいる数学者の回文日記である。

キザであると承知しながらも、幾何学が書き記す旅の先へと突き進む。気が揉めつつもその旅(=探究)を止められない。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます