異世界でパート冒険者しています ~ヒマワリマートの第4倉庫~

作者 安佐ゆう

318

118人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

というか、この作者さんの書く『おばさん(あるいはマダム)』がそもそも最高すぎるんですよ。おばさん特有の図太さというか、経験豊富さというか。どっしり構えてる感が半端ない。

女の人って案外肝がすわってるとか度胸があるとか言いますけど、妊娠出産を経ると、何かもういよいよ怖いものがなくなるっていうか、多少のことは「あーはいはい」になるんですよね。おっかしいなぁ、私まだそこに至ってないぞ。

さて、本作の主人公である高梨美香さんなんですけど、御年38歳です。まぁ良い感じのおばさんです。いやいやおばさんと呼ぶにはまだまだ若い方だとは思いますけど、一応、一応ね、おばさんです。そんな美香さん、パート先の倉庫から異世界に行っちゃうんですよ。

そりゃあもうさらっと行っちゃいます、異世界。
異世界ったらあれですよ。魔物とかうようよしてて、剣と魔法でドンパチやるところですよ。なのに美香さんの武器って殺虫剤とレーキですから。殺虫剤、驚きの活躍をしますから。知らなかった、殺虫剤で無双って出来るのね!こりゃあスポンサーはキ○チョーか?ア○ス製薬か?!

そんなわけで、一風変わった異世界ファンタジーを読みたい方はぜひこちらを。いや、これ異世界ファンタジーなのかな?ちょいちょいこっち戻って来るから……現代ファンタジーか。うん、そうかそうか。

★★★ Excellent!!!

スーパーマーケットにパートタイマーで勤務する、38歳二児の母。
どこにでもいそうな主婦の美香さんですが、彼女にはとある秘密があります。

スーパーでのパート勤務の傍ら、異世界でもパートタイムで冒険者をやっているのです(笑)

とは言っても、彼女の武器は聖剣でも魔法でもありません。スーパーの備品のレーキと店長から渡された殺虫剤。
スーパーの倉庫の扉が実は異世界とつながっており、ゴキやネズミ退治のつもりが実は魔物を退治していたことで、美香さんは異世界人からダンジョンのオーガとして恐れられてしまいます。

そこから始まる主婦(パート・38)の異世界冒険譚。
ギルドからの討伐依頼を仲間と共に次々とこなしていくのが痛快である一方、小柄で可愛らしい異世界人との交流や異世界での生活体験はほっこりとした癒しを与えてくれます。

異世界転生みたいながっつり異世界は無理だけど、パートタイマーとしてなら行ってみたい!

そんな風に思えてくる、楽しい異世界体験が待っていますよ♪