第42話 沈思考

 静かだ……。

 昼間の戦いが嘘のように、静寂が薬屋の店内を支配している。

 真夜中過ぎに起きているのは、猫の俺くらいか……。


 ブランは、明日、埋葬されることになっている。

 定食屋のおばさんが何もかも取り仕切ってくれるそうで、今もブランは定食屋にいる。

 おばさんは気丈にも泣かなかったと言う。

 ただ、ずっと眠るブランに語りかけていたそうだ。

 何のいらえもないブランに……。


 俺達は、明日の朝、王都へ向かって出発する。

 レオンハルトの身柄をゴードンに引き渡すのと、裏切りのオーブを操るアリストスを倒すために……。


 ヘレンの予想によると、アリストスさえ倒し、裏切りのオーブを引き離してしまえばレオンハルトは正気に還るそうだ。

 ただ、これはあくまでも予想だ。

 本当にそうなるかどうかは、誰にも分からない。


 ヘレンは、さっき、重大なことを言った。

「きっと、デニス国王も若い頃、裏切りのオーブに操られたことがあるわ」

と……。

 だが、現在のデニス国王に、裏切りのオーブの影はないそうだ。

 白銀に輝くデニス国王の魂に、ネズミ色の膜は見えなかったらしい。


 俺には、ヘレンが何を言っているのか分からなかった。

 魂に膜がかかっていないのは、デニス国王が裁きのオーブに護られているからだろう。

 デニス国王を操ることが出来るくらいなら、ルメールではなく、デニス国王を操るに決まっている。

 アリストスがそれをしないのは、しないのではなく、出来ないからだ。

 ……と言うことは、デニス国王が操られたと言うヘレンの言い分は、考えにくいことではないだろうか?

 それに、デニス国王の若い頃に、アリストスはまだ生まれてはいない。

 いくら裏切りのオーブが脅威と言えども、扱う者がいなくては、その効果が出るはずもない。


 まあ、ただ……。

 ヘレンは根拠もなく楽観的なことを言ったりはしない。

 俺が考える程度のことなんて、とっくに折り込み済みであるはずだ。

 いや……、折り込み済みであって欲しいと、俺は思いたい。


 だけど、ヘレンだって一人の女性だ。

 想い人であるレオンハルトを救いたい願望はあるだろう。

 その願望が、いつもの冷静で正確な判断を狂わせたとしても、誰もヘレンを責めたりは出来ない。





 カウンターの隅、俺の定位置には、洗いさらした手ぬぐいが、いつものように敷かれている。

 俺達がいつ帰って来ても良いように、ブランが用意しておいてくれたらしい。


 エイミアは、明朝の出発に向けて、二十日分の薬を袋に詰めていた。

 夜が明けたら、定食屋のおばさんに預けて行くつもりらしい。

 各々の袋には名前が書かれており、薬が必要な村人に行き渡るようになっている。


 名前で思い出した。

 ブランの本当の名前は何て言うのだろう?

 ブランと言うのは、バロール一家に潜伏するときに付けた名前に違いない。

 それに、ブランには家族はいないのだろうか?

 ブランがあの世に旅立つのを悲しんでくれるような、家族は……。


 俺は、エイミアとヘレンは置いていくべきなのではないかと考えている。

 戦うのはアイラと俺だけで十分だから……。

 二人を危険な目に遭わせる必要はない。


 それに、俺は至近の魔術を吸い取ることが出来るようだ。

 バロールが放った緊縛呪も吸い取ったし、レオンハルトの雷撃も吸い取った。

 これがただの偶然か、それとも暗黒オーブの能力ゆえかは分からないが、アイラが俺を背負って戦えば、裏切りのオーブにも対抗出来るかも知れない。

 まあ、背負えなくても、俺がアイラの足元にまとわりつけば、きっとアイラも俺の意図を見抜いてくれるに違いない。


 俺が考えるに、最悪の状況は、アイラが裏切りのオーブに操られてしまうことだ。

 裏切りのオーブが他にどんな能力を秘めているかは分からないけど、俺とアイラが正気ならきっと勝てるはずだ。

 逆に、どちらかが正気を失えば、間違いなく勝機はないと思う。


 アイラは、その辺のところをどう考えているんだろう?

 寝るまでの間、ずっと考え事をしていたけど……。





「コロっ……」

「ニャっ?」

いきなり呼ばれて、俺はビクッとする。

 んっ?

 アイラじゃないか。


 ……って言うか、まったく気配がしなかったぞ。

 武闘の達人だからそんなことも可能なのかもしれないけど、脅かすのはやめてくれよ……。


「しっ……、声を立てるな」

「……、……」

「これから、あたしとコロで王都に向かうよ」

「……、……」

アイラは俺の耳の近くでささやくと、手に持ったバスケットの中に俺を入れた。


「あとで出してやるから、ちょっと我慢してくれよな」

そう言って、アイラはバスケットのふたを閉める。


 やっぱり、アイラも俺と同じことを考えていた。

 そうだよな……。

 ブランが身をていして教えてくれた教訓を、俺達が何も受け取らないってのは申し訳ないよ。


 戦うときには、極力、弱点は排除すべきだ。

 これがブランの教えてくれた教訓だ。

 エイミアとヘレンには悪いけど、まだ、俺にもアイラにも、戦いながら護ってやるすべがないからさ……。


 アリストスは、間違いなく強敵だ。

 レオンハルトより武闘や剣技に優れているに決まっているし、裏切りのオーブは暗黒のオーブと同じ闇のオーブで同格だから。


 だけど、アイラと俺で勝てなかったら、半永久的に裏切りのオーブは排除出来ない。

 最善を尽くして、それでダメなら、ブランだって許してくれるに違いない。


 なあ、アイラ……。

 おまえもそう思ったんだよなあ?





 アイラは、勝手口から薬屋を出ると、音もなく歩いていく……。

 バスケットはまったく揺れず、俺には、何処をどう移動しているのかも分からない。


「暗黒精霊の御名に於いて、オーブよ目覚め聞き届けよ……」

バスケットの闇の中で、急に暗黒オーブが語り出す。


 なっ、何だ?

 暗黒オーブ……、今、緊縛呪を撃とうと言うのか?


 ……って、こんな真夜中に、誰もいないだろうに。


「……、精霊の意志によりて、魔を求め喰らう小手を召喚す。現れ来たり、力を示せっ!」


 えっ?

 魔を求め喰らう小手?


 や、闇が胃から逆流するように立ち上ってくる。

 く、苦しい……。


「ニャっ……」

俺は耐えきれず、口中に貯まる闇を吐き出す。


 吐き出した闇は、バスケットの壁を通り抜け、四方八方から外へしみ出していった。


「なっ、何だこれっ?」

「……、……」

「お、おいっ、コロっ! これ、う、うわあっ……」

「……、……」

「て……、手に、闇が……」

「……、……」

しみ出した闇に驚いたのか、アイラが声を上げる。


「ドサっ……」

お、おい……、落とすなよ、アイラ。

 バスケットには俺が入ってるんだぞっ!


 落ちた拍子に、バスケットの蓋が開く。


 ……ったく、俺が猫だったから良いようなものだけど、そうじゃなかったら、怪我をしているところだぞ。

 いつも、エイミアは丁寧に扱ってくれるのに……。

 一度だって落としたことなんてない。

 おいっ、アイラ!

 分かっているのか?


「こ、これ……。もしかして、小手なのか?」

「……、……」

そう、一人うなずくアイラの左腕に、漆黒の闇が巻き付いているのが見える。


 アイラは試すように左腕を振り回すが、ピッタリ張り付いているようで、闇は少しもずれたりしない。


「お、おい……、コロ。これ、どうやって使うんだよ?」

「……、……」

……って、そんなの俺に分かるわけないだろう?


 だけど、アイラの言っている通り、それは小手だよ。

 魔を求め喰らうんだってさ。


「これ、軽いな……。付けてないみたいだ。それに、全然動きを邪魔しないぞ」

「……、……」

「まあ、これが何の役に立つのか分からないけど、今までより悪い状況になることはなさそうだな。緊縛呪みたいに、身体の異変も起らないし……」

「……、……」

アイラは、子供が珍しいおもちゃでももらったかのように、キラキラした目で自身の左腕を眺めている。

 漆黒の小手は、そのアイラの視線を受け止め、金属のように艶やかな輝きを見せるのだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!