第39話 衝撃の雷光

「ドゴーンっ!!!!!」

再度、閃光が走り、今度は音と共に衝撃波が窓に伝わる。

 ビリビリと硝子が鳴り、今にも割れそうだ。


 さっきよりも近い。


 俺はエイミアの腕から飛び降り、アイラの後を追う。


 な、何が起ってるんだ?

 アイラっ!

 大丈夫か?


「ドゴーンっ!!!!!」

俺が扉を抜け、外に出たとき、三度目の閃光が走った。

 そして、一筋のイナズマが、地面に直撃しているのが見えた。


 アイラは、そのイナズマを避けたのか、直撃した地面の側で片膝をついていた。

 地面は衝撃でボーリングの球ほどにえぐれ、焦げたのか土が黒く変色している。


「くっ!」

アイラは素早く立ち上がると、一点をにらみつけた。

 その視線の先には、痩せ型の騎士が一人、余裕の笑みを浮かべながら立っている。


 んっ?

 あ、あれって、レオンハルトか?

 うん……、間違いない。

 王宮でヘレンに求婚していた、雷光レオンハルト将軍だ。


「さすがに旨く避けるものだな……、アイラ」

「……、……」

「僕の雷撃がこうも避けられるのは初めてだよ」

「……、……」

レオンハルトの口調は、皮肉っぽい響きを漂わせている。

 王宮のときは、あんなに誠実そうな青年だったのに、今のレオンハルトにはその面影はない。


「まあ、いくら避けるのが旨くても無駄だけどね。君は僕の雷撃の着弾点を予測して避けているのだろうけど、いつまでそれが続くかな……?」

「……、……」

レオンハルトはそう言うと、握った右手を高々と掲げた。


「ハアっ!」

気合い声とともにその腕を振り下ろすレオンハルト……。

 すると、その拳の先から、一筋の閃光が放たれた。


「ドゴーンっ!!!!!」

閃光とともに、アイラは横っ飛びした。

 片腕をついて受け身をとると、側転の要領で一回転し、また、片膝をついた。


「ふふふっ……。今度はそっちに飛んだか。大きく外しちゃったよ」

「……、……」

レオンハルトは雷撃があらぬ方向に逸れても、余裕の笑みを崩さない。

 一方、アイラの方は、旨く避けているとは言え、表情からは必死な様子が見て取れる。





「何の音だ?」

「大きな音だったべ……」

「……、……」

「雷様でも落ちたかのう?」

「……、……」

雷撃の衝撃に驚いたのか、村の皆が、ぞろぞろと外に出てきた。

 定食屋のおばさんも、驚いたような顔をしている。


「ホロン村の皆さんっ! 僕は、マール公国のレオンハルト将軍だ。お騒がせして申し訳ない」

「……、……」

「今、鳴った音は、僕の雷撃のせいだ。だけど、僕は罪のない皆さんに危害を加えるつもりはない。不安かもしれないが、少しの間だけ我慢して、家に入っていて下さい」

「……、……」

「すぐにロマーリア王国に楯突いた逆賊どもを退治して、皆さんを安心させてあげますからね。僕は、ルメール宰相に依頼されてここにいる。だから、心配しなくてもいいですよ」

「……、……」

「えっ、逆賊って、誰だって? それは、そこにいる武闘家アイラと薬屋エイミア、逆臣ブラン……。そして……、占い師ヘレンだっ!」

「……、……」

戸外に出た村人は、一様にざわついた。


「エイミアちゃんが逆賊?」

「アイラって、武闘は強いけど、本当は優しいわっ!」

「あの大人しいヘレンが逆賊なんて、ありえんのう……」

「……、……」

「ぶ、ブランって、あの、最近薬屋にいる愛想の良い人かい?」

口々に不平を訴える村人達……。

 そうだよ、逆賊なわけないだろうっ!


 大体、どうしちゃったんだ、レオンハルト?

 ルメール宰相に依頼されたって、どういうことだ?

 ……って、ま、まさか!


「村の皆さん……。危険ですから、すぐに家に入って下さい」

「……、……」

「私達は逆賊ではありませんが、これは私達とレオンハルト将軍の間の問題です。良いと言うまで、絶対に外に出ないで下さいっ!」

「……、……」

ヘレンが、こんな大声が出せるのかと思うほどの大音声で、村人に訴えた。

 靴屋の奥さんは、それを聞いて慌てて店に引っ込む。


 他の村人も、怪訝そうな顔をしながらも、家に入っていく……。


「ふふふっ……、ヘレン。逆賊だよ、君たちは……。警備隊に捕らえられたのに逃げちゃったんだからね」

「レオンハルト将軍……」

「残念だよ……、逆賊になんてなってしまって。僕は、君を愛していたからね」

「今のあなたは、普通ではないわ。だから、何を言っても、私はそれを信じたりはしないっ!」

「普通ではない? そんなことはないよ。僕はいつも通りさ。さっきの雷撃も見てくれたろう?」

「私には、あなたの魂を覆っているネズミ色の膜が見える。レオンハルト将軍……、あなたは裏切りのオーブに操られているのよ」

「あははっ……。何だい、その裏切りのオーブってのは? 僕のオーブは雷のオーブ。雷のオーブは、いつも通り雷撃を放ってくれている。妙な言いがかりをつけてもらっては困るよ」

「……、……」

……って、ヘレン、そう言うことか!

 だから、思い悩んでいたのか。


 それにしても、オーブごと操られちまうなんて……。

 そう言えば、ニックが言っていたっけ。

 光と闇のオーブは、精霊のオーブより格が上だ……、って。


 だけど、あんなに好きだと言っていたヘレンの言うことさえ聞かないのか。

 裏切りのオーブ……、なんて卑劣で厄介な相手なんだ。





「サアっ!」

突如、ヘレンとの話に気が取られていたレオンハルトに、アイラが飛びかかった。

 は、速いっ!

 アイラの膝が、レオンハルトの顔面を捉え……。


「くっ……」

アイラ、渾身の飛び膝蹴りは、空を斬った。

 俺には当ったかに見えたけど、レオンハルトはいつの間にか体を入れ替え、アイラの背後をとっている。

 そして、アイラの背中を足の裏で蹴飛ばし、右手を高く掲げた。


 アイラは前につんのめりながらも、振り向く……。


「ハアっ!」

 レオンハルトの右腕が振り下ろされる。

 あ、アイラっ!


「サアっ!」

「ドゴーンっ!!!!!」

閃光とともに、レオンハルトの拳から雷撃が繰り出される。


 アイラは、危機一髪で、横っ飛びに雷撃を避けた。

 余裕がなかったのか、今度は前転の要領で受け身をとると、起き上がりざま大きく飛び退いた。


「ふふふっ……。話の途中に割って入って来るとは、無粋だねえ……、アイラ」

「ふんっ、戦いの最中に隙を見せてるおまえが悪いんだろう?」

「まあ、そうだね。だけど、君の攻撃は当らなかっただろう? 武闘の達人、アイラでもね」

「……、……」

「僕は、武闘や剣技はまったくの素人だよ。だけど、雷のオーブの御蔭で、高速で移動することが可能なのさ。そう……、まるでイナズマのように素早く動けるんだ」

「確かに、あんたの蹴りは素人のそれだったよ」

「あははっ……、そうだよ。でも、僕には雷撃がある。何者をも撃ち砕く、雷撃がね……」

「くっ……」

レオンハルトは、高らかに笑ってみせた。

 アイラは、その高慢な顔をみらみつけると、素早く額当てを外して、右手の甲に巻き付けた。


「ふふふっ……。その自慢の裏拳が僕に当るかな?」

「減らず口は、そのくらいにして、雷撃を撃って来い。次は、キッチリ叩き込んでやる」

「あははっ……。そうか、そう言うことか」

「……、……」

「君が僕を挑発するのは、ヘレン達を雷撃の餌食にさせないためだね?」

「……、……」

「だけど、そうはいかないよ。別に、誰から殺しても、僕には関係ないからさ……」

「……、……」

レオンハルトは、ヘレンとその後ろにいるエイミア、ブランに向き直る。

 そして、握った右手を高々と掲げた。


「や、やめろっ!」

アイラが叫びながらレオンハルトに向かっていく。


「ハアっ!」

レオンハルトの腕が振り下ろされ、拳から閃光が放たれる。


「ドゴーンっ!!!!!」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!