あなたのドラゴン、差押えます~アラサー公務員の異世界徴税~

作者 飛野 猶

「ここがヘンだよ」って思うなら、知恵と熱意でぶつかってみればいい

  • ★★★ Excellent!!!

飲み会帰り、缶チューハイを片手に異世界へ召喚されたサクマ。
その場で「手違いでした」と謝られるものの、帰る術はない。
サクマはチートスキルもなければ魔法も使えず馬にも乗れず、
武器となるのは、実務経験に裏打ちされた徴税スキルのみだ。

現代日本よりも「人権」に重きが置かれない中世風の世界では、
長命で高知能のドラゴンや異国生まれの人間を使役することが
ごく一般的におこなわれている。それら奴隷は、富豪の財産だ。
逮捕や拘束、裁判等も為政者サイドの一存に大いに左右される。

現代日本人であるサクマは、あまりに時代錯誤的な事柄に対して
違和感を覚えたり反発したり、時には策を講じて現状打破したり。
読者にとって当然の感覚をベースに異世界の社会が語られるから、
ドラゴンや魔法やおてんば女王の存在も、すんなりと頭に入る。

……お察しの通りと言うか、異世界転移や転生は苦手ジャンルで、
なかなか「すんなりと」とならず、しんどいから読まないのだが、
本作はとても読みやすかったなあ、というのが率直な感想である。
その世界の価値観への違和感や驚きの描き方がナチュラルだった。

お仕事小説の難しい点は、「その仕事であることの必然性」を
ストーリーの運びの中にしっかり組み込まねばならないことだ。
ほかの仕事で代替できるようなら、面白さが半減すると思う。
その点、サクマの仕事ぶりは実に鮮やかで、爽快感があった。

ドラゴンあり、バトルあり、魔法あり、人情劇あり、恋愛あり。
ほどよく世知辛いリアリティが物語への導入の助けとなるので、
異世界転移もの初心者にもオススメできる作品だと感じました。
とても面白かったです。あと、エパかわいかったです。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

氷月あやさんの他のおすすめレビュー 337