青い魔女の通過儀礼

作者 籠り虚院蝉

小説の累計PV数

3,768 PV

エピソードごとの累計PV数

序章Ⅰ 9 163 PV
Ⅰ-1 時に当たりてこれを食わせば 12 222 PV
Ⅰ-2 肥えた男にゃかぼちゃが映える 6 127 PV
Ⅰ-3 下手物店主は可憐な少女 5 81 PV
Ⅰ-4 仕立て屋の老婦に敵う者なし 3 72 PV
Ⅰ-5 嘘を吐いたら針千本 5 67 PV
Ⅰ-6 伝達は過誤され鮭卵の籠 4 72 PV
Ⅰ-7 解放の日は苦難の始まり 5 61 PV
Ⅰ-8 青白い野猪革に秘された賭事を 5 59 PV
Ⅰ-9 踊る少女の赤い靴 3 72 PV
Ⅰ-10 詩と花火と風船パンダ 4 55 PV
Ⅰ-11 一つ目小ザルに茶化され戯れ 3 62 PV
Ⅰ-12 ゼロとイチのすれ違い 4 51 PV
幕間a 2 47 PV
Ⅰ-13 うら若き白き士君子の幻影 4 50 PV
Ⅰ-14 わからないままそこにいること 5 48 PV
幕間b 2 46 PV
Ⅰ-15 魔女の失踪 3 59 PV
Ⅰ-16 猛獣の疾走 3 52 PV
Ⅰ-17 士師、相見える時 3 54 PV
Ⅰ-18 背負うは罪、宿すは真理 4 49 PV
Ⅰ-19 愛が決意し、明日を超える(または「共に」) 5 71 PV
幕間c 3 47 PV
あらすじⅡ 4 57 PV
序章Ⅱ 4 46 PV
Ⅱ-1 熟達者の親昵 4 41 PV
Ⅱ-2 団欒惑いて腹帯は弛めて 2 37 PV
Ⅱ-3 可憐な少女と秘密の約束 2 39 PV
Ⅱ-4 木の実頼みの誼みの時間 3 43 PV
Ⅱ-5 拾える木の実と拾えない命 4 49 PV
Ⅱ-6 眠り乙女の手当に安けく 1 40 PV
Ⅱ-7 鳶爪の誓いは立てられた 2 39 PV
Ⅱ-8 花も恥じらう真っ赤な嘘 1 40 PV
Ⅱ-9 語るに落ちて知る志操 1 33 PV
Ⅱ-10 訪ね歩き町長の昔馴染みの旧き友人 1 34 PV
幕間d 1 33 PV
Ⅱ-11 青い魔女が魔女たる由縁 1 37 PV
Ⅱ-12 ささやかに喚び起こされるは嘗て 1 38 PV
Ⅱ-13 時の配剤一方ならず 1 35 PV
Ⅱ-14 穿たれた処は如何ばかりか 2 36 PV
Ⅱ-15 許されたい二律背反 1 42 PV
Ⅱ-16 痛みの在処はこの胸に 2 43 PV
Ⅱ-17 亡念、まごころ忘れなば 1 36 PV
Ⅱ-18 全て敢え無きひととまに 1 38 PV
Ⅱ-19 憂き瀬と際、思い知る 1 32 PV
Ⅱ-20 人が信じる願いひとつ 1 37 PV
Ⅱ-21 明日知れぬ身の悪夢は終わり 1 39 PV
Ⅱ-22 長秋の暮れ、太陽の傾き(または「冬へ」) 1 51 PV
幕間e 1 43 PV
あらすじⅢ 2 49 PV
序章Ⅲ 2 34 PV
Ⅲ-1 時に当たりてこれを悔やめば 1 35 PV
Ⅲ-2 三度、白き士君子と出会い 3 40 PV
Ⅲ-3 赤毛の漁師とお留守番 2 40 PV
Ⅲ-4 記し悉に憶えなく 1 37 PV
幕間f 1 36 PV
Ⅲ-5 受難相して汎称す 1 35 PV
Ⅲ-6 昏い那落はさきならなくに 1 34 PV
Ⅲ-7 多くを人に与える者なれば 1 32 PV
Ⅲ-8 誰の目にも触れずに 1 33 PV
Ⅲ-9 記憶よ、語れ 1 50 PV
Ⅲ-10 戦場でハミング 1 40 PV
幕間g 1 39 PV
Ⅲ-11 其は誰が為の名か 1 41 PV
幕間h 1 29 PV
Ⅲ-12 真実と虚構のあいだ 1 45 PV
Ⅲ-13 いつか巡って還る言葉 1 33 PV
Ⅲ-14 思い懸けし面影遠退く 1 27 PV
Ⅲ-15 人間の深い業 1 31 PV
Ⅲ-16 君を苦しめないために 1 28 PV
幕間i 1 30 PV
Ⅲ-17 悪夢より出ずる者 1 30 PV
Ⅲ-18 当事者たちの思惑 1 33 PV
Ⅲ-19 長い過去に決着を 1 27 PV
Ⅲ-20 ふたりいっしょなら 1 32 PV
Ⅲ-21 百年の孤独と人間の玉響 1 34 PV
Ⅲ-22 朝日と起きて、夕暮れに帰ろう 1 39 PV
終章 「またあした」と、共に誓う(または「旅立ち」) 2 50 PV