ダンジョンブレイカー/ザッツ

作者 雲崎オルカ

まさにド真ん中ストレートのライトファンタジー。

  • ★★★ Excellent!!!

90年台の富士見ファンタジアを彷彿とさせるモダンなライトファンタジーです。
 
一件、悪辣かつ適当に見えて、実はしっかりと物を考え、シビアな現実と折り合いをつけながらも、己の矜持は胸に抱えたニヒルな主人公。
御転婆かつ世間知らずで主人公とも折り合いが悪いが、ここぞというところで立ち上がり、真っ直ぐと困難に立ち向かう、とにかく可愛いヒロイン。
 
まさに御手本のような凸凹コンビの掛け合いと、確かな筆力を感じさせる世界観考証は見事の一言。
小道具の使い方や演出も素晴らしく、まさしく良い意味でゲーム小説といって差し支えない内容となっています。
 
とりあえず序章を読むだけでもどんな話か良く分かりますので、ライトファンタジーに飢えた方は是非とも御一読を。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

水底で眠る。さんの他のおすすめレビュー 40