ダンジョンブレイカー/ザッツ

作者 暮内薄野

24

9人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

設定が詳細なのに、不思議と読みやすい。ページをめくる手が止まらない。行間の使い方、注釈の入れ方が上手い。ゲーム、漫画を見ているような感覚になります。
あと、主人公のキャラがいい。「オレちゃん」呼びが頭から離れない。主人公、振る舞いが雑かと思えば意外と人情家で、 キャラがいい、ほんとに。

序章を読めば主人公のキャラとか世界観とか、引き込まれると思います。ライトファンタジーが好きな方、是非ご一読ください!

★★★ Excellent!!!

直喩的で読みやすく、ゲーム的で分かりやすく、漫画的で楽しみやすい。
読んでいて、良き時代のライトノベルのような印象を受けました。
作中に出てくる注釈も邪魔に感じず、ネット小説ならではの行間の使い方に学ばされます。

ハイブリッドな書き方ってこういう事か…。

★★★ Excellent!!!

設定が詳細かつ具体的で、とても凝ったおもしろい作品です!
特に、会話文を効果的にはさんだり、場面のメリハリがあったりと安心感をもって読み続けられます!

個人的にはザッツの「オレちゃん」呼びがかわいくて、刺さります(笑)
読むのが遅くて、まだ第二章にはいったばかりなのですが、じっくりと、丁寧に、楽しみに、読ませていただきます!

★★★ Excellent!!!

野蛮に振る舞いながらも人情に厚い主人公がダンジョンを破壊する物語。

私はあまり異世界ファンタジーには詳しくないのですが、ダンジョンの破壊という行為をテーマとした作品は珍しいのではないでしょうか。勇者や魔王ではなく、ダンジョンとそれを破壊する者、守ろうとする者を中心に物語が構成されていることに新鮮な驚きを覚えました。

主人公を始め美少女ヒロインたちなどのキャラクターは魅力的で、武器や魔法を使ったアクションは臨場感があって楽しめます。また、ダンジョンや世界観の設定はかなり細かく作り込まれており、物語が進むと壮大な背景が浮かび上がってきます。

大人でも楽しめる重厚感のあるファンタジー作品だと思いました。

★★★ Excellent!!!

90年台の富士見ファンタジアを彷彿とさせるモダンなライトファンタジーです。
 
一件、悪辣かつ適当に見えて、実はしっかりと物を考え、シビアな現実と折り合いをつけながらも、己の矜持は胸に抱えたニヒルな主人公。
御転婆かつ世間知らずで主人公とも折り合いが悪いが、ここぞというところで立ち上がり、真っ直ぐと困難に立ち向かう、とにかく可愛いヒロイン。
 
まさに御手本のような凸凹コンビの掛け合いと、確かな筆力を感じさせる世界観考証は見事の一言。
小道具の使い方や演出も素晴らしく、まさしく良い意味でゲーム小説といって差し支えない内容となっています。
 
とりあえず序章を読むだけでもどんな話か良く分かりますので、ライトファンタジーに飢えた方は是非とも御一読を。