Act.14 要求は少し高めの

「ホ、ホントですか! ナーノさん!」

 一気にテンションがあがる羽織。


「まあ、ミスコンに出られるような顔ではないかもしれないが……」

「いえいえいえいえいえいえ! そんなことないですって、社長!」

 手もみしながら答える羽織。お前はどういうキャラなんだよ。



 でも、伊純いずみさんがミスコンに出られない顔のわけがない。

 前髪を軽く分けた黒髪のショートに、凛々しい顔つき。

 タカラヅカの男役のような中性的な顔に男子のような口調で、ここ共学の水代高校でも大量の女性ファンを生み出している。



「ああ、それより的野、会長はいるか?」

「あ、はい、いますけど……」

 後ろを振り向くと、実優さんがドア近くまで歩いてきていた。


菜音なのんちゃん、こんばんは」

「おお、実優! そっか、ミスドは実優が会長だったな」


「みゆ姉、ナーノさんと知り合いなの?」

「ええ、同じクラスなんです」

 知らなかったなあ。正に合縁奇縁。


「で、菜音ちゃん、ミスコンに出てくれるんですか?」

「ああ、さっきラジオの放送聞いてな。的野と風見も頑張ってるみたいだし、応援しようと思ってさ」



 嬉しい。素直に、嬉しい。

 無駄かもしれないと思っていたラジオに、応えてくれる人がいた。

 それだけのことだけど、「やってること、間違ってないよ」と誰かに言われてるようで、心の奥で鈴が鳴ったような心地良さ。



「ただし実優、条件がある」

「何ですか?」

「いや、そんな難しい話じゃない。的野と風見をちょっと貸してほしいんだ。私の同好会の企画準備を手伝ってもらいたい。1時間もかからないはずだ」

 実優さんは俺達の方を見ながら言った。


「私は大丈夫ですけど……蒼クンとハオちゃんはどうですか?」

「俺は別にいいですよ」

「アタシもだいじょぶです! あさみんも問題ないよね?」

「あ、はい。オレは取材行っちゃうんで。園田先輩もいるし、何か困ったら連絡しますから!」

 みんなの返事を聞いて、実優さんは伊純さんの方に向き直った。


「菜音ちゃん、蒼クンとハオちゃんをよろしくお願いしますね」

「大げさだな、ちょっと手伝ってもらうだけだっての」

「ふふ、そうですね」

 先輩2人で笑う。


 とにかくこれで、ミスコンの出場者が2人揃った。

 いいぞ、天は俺達の味方だ!



「ナーノさん、いつから手伝い行けばいいですか?」

「ああ、すまないが、すぐ一緒に来てもらっていいか?」

「わかりました! まとすけ、行こう!」

「おう、すぐ準備するよ」

 机に置いていたスマホと財布を持って、ドアまで戻る。


「みゆ姉、あさみん、ちょっと行ってきますね! あさみん、取材頑張って!」

「任せて下さい! 風見先輩も頑張って下さいね!」

 手を振る実優さんと恭平に挨拶して、部室を出た。


「そういえば、伊純さん。同好会って何入ってるんですか?」

「ああ、同好会といっても、もう私1人しかいないんだけどな」

 伊純さんの返事が、廊下に響く。

「『アクション映画フリークス』ってやつだ」




***




「そういえばナーノさん、中学のときからアクション映画好きでしたよね」


 3階の渡り廊下を渡って、隣の部室棟に向かう。

 部室棟が4つもあるのが、「文両道」の水代高校ならでは。



「ああ、先輩と一緒に作った同好会だったんだが、幽霊会員も多くてさ。今は事実上私1人でやってる会だ」


 ということは今年で同好会もなくなるのか。自分のいた同好会がなくなるって、どんな気持ちなんだろう。やっぱり寂しいだろうな。



「よし、着いたぞ」


 階段のすぐ近くに「アクション映画フリークス」の部室があった。壁にはアジアのアクションスターのポスターが何枚も貼られている。


「見せたいものがあるから、ちょっとここで待っててくれ」

 そう言って、伊純さんは部室の中に入っていった。


 窓の外はもう暗い。それでも、廊下に漏れ聞こえる他の生徒の声に、一緒に頑張ろうと背中を押されている気がして、手をグッと握ってみた。



「ねえ、まとすけ。何するんだろうね」

 羽織がポスターを眺めながら聞く。

「どうだろうなあ。こういう同好会って展示企画が多いから、その手伝いかもな」

「うん、そうかも! ポスター貼りまくったりとか!」

「アクション俳優の年表とか、模造紙に書いたりとかな」


「にしてもさ。アクション映画の同好会があるんだね。マニアックだなあ」

「いやいや。去年のMIJIKAYOのミス候補、ホラー映画研究会の人がいただろ」

「……あ! 確かに! そういえばフランス映画倶楽部とかもあったね」

水代うちは間口が広いからな」



 誰も置いてけぼりにしない。趣味も個性の一部として認めて、どんな同好会ができてもおかしくない。その自由な感じが好きで、水代を希望する人も多いらしい。

 まあ確かに、課外活動でこんなに好き勝手できるところも少ないだろう。



「ナーノさん、なんか楽しそうだったね」

「ん、そうだな。その分、何をお願いされるのか怖いけど……」


 アレコレと想像を張り巡らせていると、ノートパソコンを開いた状態で持ち、伊純さんが出てきた。


「風見、的野、これを見てほしい」

 言いながら、映像を再生する。3人で立ったまま、パソコンの画面を見た。


 映し出されたのはアクション映画。商店街で、主演らしき俳優が走っている。



「ナーノさん、これって何――」

「すごいだろ! かっこいいだろ、このシーン!」


 突然、さっきより半オクターブくらい高い声で叫ぶ伊純さん。


「ほら、ここ見てくれ! ここで4人のマフィアと戦うんだ! ほら! ほら!」

 初めて見るハイテンションに驚く俺と羽織をよそに、伊純さんは続ける。


「それでな、この後! そう、ここ! ここで2階にあがって戦うんだ! すごいだろ、このカット! これ、スタント無しでやってるんだぞ! ほら! ほら!」


 伊純さんってこんな一面もあったのか……まあフリークっていうくらいだし、好きなものになるとみんな熱中するんだな。


「あの、ナーノさん、この映画がアタシ達に手伝ってほしいことなんですか?」

「あ、いや、違うぞ風見。もうすぐ出るから待っててくれ。お、ここだ! ここ!」

 画面にもう一度目を向けると、さっきの主演俳優が教会に追い詰められていた。



「見てろよ! ほら、このシーンだ!」

 マフィアの攻撃があたり、教会の階段を転げ落ちる。おお、昔、新撰組かなんかのドラマでも見たことあるけど、やっぱり階段落ちってすごいな。


「すごいだろ! これもスタント使ってないんだぞ! あれだけ演技ができて、スタントも使わないんだ! あんなに長い階段を転げ落ちるだぞ! ほら! ほら!」


 幼稚園の男の子が恐竜や電車について話すかのように、テンション高めにキャッキャと話す伊純さん。




 と、映像を止めて、冷静な口調に戻る。


「というわけで、『アクション映画フリークス』では、四季祭に向けて、階段落ちを映像に撮ってみることにした」

「へえ!」


「が、落ちる人がいないんだ。風見、お前にカメラを回してほしい。的野、ちょっと階段落ちをしてくれ」

「…………へえ」



 ミスコンを1日で作り上げるのは、思った以上に大変なことらしい。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます