事あるときは幽霊の足をいただく!

作者 北大路 夜明

焦りとズレ

  • ★★★ Excellent!!!

自分は見えているのに、他の人には理解が及ばない存在。その怪異によって、自分と他者のズレが、ますます酷くなっていく。そういった主人公の焦燥感が丁寧に表現されていると感じました。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

居間正三さんの他のおすすめレビュー 1,354