『1500文字で綴るシリーズ』女神絵巻1【女神編】

作者 きぐるみ女神Q

107

39人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!



 男子禁制、女子力全開のバトル・ファンタジー。


 ほんわかした文体。まるでお菓子を積み上げた様な独特の世界観。

 運命の子、アカリは、受け継がれた血により女神へと成長する道を選ぶことになる。襲いかかる化け物たち。やがて明かされる両親の過去。過酷な運命の扉を打ち破るため、今日も彼女の『胸キュン♡流格闘術 壁ドン!』が炸裂する。

 そして彼女は異世界へと冒険の旅へでるのであった、着ぐるみに身を包み!


 
                      (第一章までの感想です)

★★★ Excellent!!!

サクッと説明すると、お父さんに会いに行く物語です。ですが、そのためにいろんな敵に襲われます。主人公のアカリは、胸キュン♡な技で堂々と敵をたおしてゆきます。その技名がとてもとてもかわいらしいのです。バトルシーンもさることながら、ニックとの友情も描かれていて、コメディ要素もありおもしろく、読みがいがあります。

★★★ Excellent!!!

主人公の使う「胸キュン♡流格闘術」という言葉に惹かれて読み始めました。
掌底突きの「壁ドン♡」、頭を攻撃する「頭ポンポン♡」など、技名がとても気に入っています。

着ぐるみを着て戦ったり、可愛いマスコット的な鳥が出てきたりと、ほのぼのとしていますが、父親に会うために異世界に行くことを決意する主人公や、それを妨害しようと送り込まれてくる怪物など、結構シリアスな部分もあります。

ですが決して話が暗くなるわけではなく、楽しい気持ちで読める異世界ものとなっております。

★★★ Excellent!!!

戦いや別れなどシリアスな内容があるにも関わらず、なんだか優しい感じで読むことが出来ました。

「結城友奈は勇者である」を観ていなかったので少し調べてみました。
「満開」「散華」のシステムは面白いですね!

この先も、きぐるみ女神Q様らしい「満開」「散華」を楽しみにしております。